teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


女子高校生コンクリート詰め殺人事件

 投稿者:能代  投稿日:2009年 2月28日(土)16時50分34秒 st0042.nas951.k-tokyo.nttpc.ne.jp
返信・引用
  == 女子高校生コンクリート詰め殺人事件 ==
少年18才「宮野裕史」(今は横山祐史と改名)と少年16才
「湊伸治」は、足立区綾瀬の路上で夕方プラスチック工場から
アルバイトした帰宅中の女子高校生を誘拐、湊が両親と住む家に
40日監禁し「ご馳走してやる」と言って少年17才「小倉譲」
(今は神作譲と改姓)や「渡邊恭史」らを呼び、毎日暴行した。
性器を灰皿代わりにし、尿を飲ませた。音楽に合わせて全裸で
踊らせ間奏にときに皆でいっせいに蹴るようなこともした。
女子高生が少しでも命令に従わないと「刑罰」と言っては手足に
オイルを塗ってライターで焼いていた。発見された遺体には、
性器にスポーツドリンク瓶が突き刺さり、乳首はペンチのようなもので
押し潰されていた。 こんな凶悪犯罪でも少年法のため刑務所に
いたのは最長で6年半で、このほかに婦女暴行を20件以上やった
宮野裕史も2年前仮出所した。神作譲は再犯したとき
「裁判官を誤魔化す方法はよく知っている」と発言した。

横山 祐史(宮野裕史):S45年4月30日生 身長160cm
     H22 取手市の宮野静江(実母)経営のフトン屋に勤務
神作 譲(旧姓は小倉):S46年5月11日生 身長約190cm
     再犯して服役していたが、H20年末に仮保釈された。
     足立区千住4丁目5-14 藤善コーポ に住む
湊 伸治:S47年12月16日生
    全国を逃げ回る。リュヒテンシュタイン人と結婚。
    H19年まで介護資格を取得寝屋川で働いていた。
  両親=湊 靖人、ます子:京都市伏見区向島住宅にいたが転居
  兄=湊 恒治(S47年1月21日生)
渡邊 恭史:S46年12月18日生 目の病気、生活保護、母親は渡邊ヤス
相田 孝一(旧姓は垣東):S46年生 長女はH21年3月で中学卒業
     H18年4月、妻と偽装離婚し再婚、妻の旧姓に改姓
その他=高志、小島、竜造寺、筒井、井上、岩井哲夫が集団暴行に加わった。
 
 

中学生の青い性が暴走の危機!中学生の性を食い物にした赤い糸フジテレビの放送が迫る赤い糸リポート17

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年12月13日(土)09時54分29秒 p6f8f4d.ehimnt01.ap.so-net.ne.jp
返信・引用
  ケータイ小説(笑)って レイプや妊娠やクスリや病気や自殺ってのが本当にあったことです。と書かれているのが特徴である。私もケータイ小説の有害さを危惧してケータイ小説も読めてインターネットもできるケータイを持っている。溝端は避けられているどこが良いのかわかんない。加えてあのヒロインでもない物語がつかみにくい。 初回から中学生のドラッグや深夜徘徊とまともな青春ドラマにはならない。 1話目は中学生の発達段階ではシャレにも恋愛ドラマにならない。NHK教育テレビの「中学生日記」でもひどい非難が出ているのだ。この先どうドラマ化されるかはわからないがスイーツなドラマは初回から壊れている。映画絡みでこの時期に初回にした意図ははっきりとわかる。しかし、時期は新番組見ようって気には人々はならないのである。商業ドラマ臭、少しは消さないといけない。 最初からテレビドラマと映画化同時並走は成功例はSFしかケースがない。 映画公開の後の視聴率がどうなるかも気がかりである。映画が「恋空」の要の甘利に性描写が露骨だとテレビドラマは映画の後は保護者が子供に見せたくない番組に指定して視聴率は必ずダウンする。 番宣とかCM(コラボのつもり?)とか ごり押しとか映画への集客とか そんなのばっかり目についてイヤになるドラマだ視聴者をナメてる。 『恋空』みたいに、映画大ヒット → ドラマ化でも、あんな悲惨な視聴率だったのに、これじゃ、ドラマも映画も悲惨な事になりそうな気がする。問題は中学生という低年齢の過激なセックス、レイプ、妊娠、中絶、飲酒、ドラッグと有害な情報を注ぎ込む要素しかないからだ。 もう、携帯小説のドラマ化自体、良識ある人々からは飽きられてる。また小説最悪すぎる。主人公に全く共感出来ない。主人公はただのヤリマソ。あっくんはただのヤリチソ。という感覚の物語でしかない。途中のドラマは映画を見ても性的な描写の部分に目がいき中学生や高校生は見やしない。また「恋空」「コドモのコドモ」のようにロリコンファンのほうが多いことも考えられる。「コドモのコドモ」は映画がこけたが90%が中年独身男性のロリコンであることがアンケートで分かって映画会社も驚いている。携帯小説でも僕たちと駐在さんみたく身近で素朴なのなら良いんだけど ただの腐女子目線だと引かれても仕方ないと思う。原作読んだときは舞台に田舎を想像してたがドラマでは舞台東京だ。 東京であの話の展開はありえない。田舎でも今では「赤い糸」の話の展開は起きない。 2回目はハチワン子供の時に麻薬である。ドラマ自体がばかだろ ドラマは芽衣が高校生になった時から急激に正常化して性描写も少なくなっている。芽衣のようなことを行うと普通は高校進学はできない飲酒や喫煙でも駄目だがセックス、レイプ、妊娠、中絶とこんなに問題の多い子を引き取る高校があるわけはない。芽衣が高校生になった時のドラマのあらすじは『<赤い糸 -destiny-のあらすじ> 時は流れ、芽衣は高校2年生になった。芽衣の親友の優梨に子供が生まれ、昔の仲間たちが集まることになった。そこで芽衣は、新しい恋人と一緒にいるアツシの姿を見つけ、心を痛める。もう気持ちに迷いはないと思っていたはずなのに、再び動き始める芽衣の運命。やがて、父親ががんに冒され、芽衣は落ち込んでいたが、手術が成功し安心する。手術の帰りに立ち寄った神社の絵馬にはアツシが芽衣の父親の無事を祈る言葉がつづられていた。その言葉を見て、アツシへと心を動かされる芽衣。その後、芽衣がドラッグパーティーから持ち帰ったヤクを、かつて芽衣と一緒に輪姦されてしまったことのある親友の美亜が使ってしまい薬物中毒に陥る。芽衣は薬中になってしまった 美亜への対応に悩みつつ、アツシの彼女の麻美からの嫌がらせにも苦しめられるようになる。
やがて芽衣は、麻美と別れたアツシと正式に付き合うようになるが、境界性人格障害である麻美の嫌がらせは止まらなかった。麻美は、経営がうまくいかないアツシの母親の店への融資の件や、芽衣の輪姦事件をネタにして、なんとかして芽衣とアツシを別れさせようと画策する。しかし、目の前で芽衣を救うために車にはねられたアツシを見て、麻美の嫌がらせは止まる。そののち、芽衣とアツシの二人は見事結ばれる。物語の最後に、芽衣の本当の両親の話が語られる。アツシは自殺した芽衣の実母のホステス仲間の子だった。運命の赤い糸って…きっとある気がする。』エンドは「恋空」とは逆のハピーエンドであり感動は薄れる。 糞ドラマなので。かなり視聴者離れた。ケータイ小説時点で期待できない人も多かったんだろう。最近スタートのドラマは中学生や高校生のドラマはラブレターで人々はおなかいっぱいになってきている。現実の教育現場では起こらないことばかり描くNHK教育テレビの「中学生日記」の非難もひどい。「天才てれびくんMAX 中学生特集木曜生放送うきうきラブアワー」への非難も大きい。まだ未成年のタレントを今は屋は苦から汚しすぎている。また小説では東京だったらどこでも明るくて人がいるから駐車場でレイプなんかありえない。すぐに他人に気づかれてしまうのだ。ドラマも現実離れの矛盾が多く「コドモのコドモ」のようなファンタジーで逃げている面が小説を読破してわかり実話という言葉がファンタジーの上に乗っかっている恐怖感を私は覚えている。

引き続き警戒、純真な小学生の青い性を破壊する悪魔の映画「コドモのコドモ」上映中、めざめよ日本中の保護者達16

ここまで日本映画界は落ちたかと情けなく思うばかりです。全く評価に値しない最悪の有害な映画である。  2008年の最悪映画の名誉(?)は決定だな春菜の友達は、赤ん坊を自分力で決意するのも凄いし考えられないです。『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか?性の知識の全くない小学校5年生の女の子が、恋愛感情のない幼馴染の同級生のコドモを身ごもってしまい、せっかく授かった命だからと、オトナたちには内緒で出産することを決意し、それをクラスメートのコドモたちも応援するというストーリー。描いたのは、コドモたちの力強さと大きな可能性の物語(ファンタジー)なんだって。それで、各界から絶賛!賞賛!のコメントが続々と到着!!だって。だから、この物語をあなたの目で観て確かめてくださいって。心で感じてくださいって。ということなのだか子を持つ親としては嫌悪感しか感じないストーリーであっても、納得させるようなエピソードがあって、すっきり爽やかな展開になるんだとばかり、思っていたのですが。
けれどもそんなことはなく、冒頭に記したストーリーのまんまの映画でした。リアリティーの欠片もない内容でした。もしかしたら、“リアリティーのない物語のことをファンタジーと呼ぶのだ”と、勘違いしているんじゃないだろか?原作のコミックにはきっと、オトナには頼れないのでコドモだけでって決心するに至る過程が描かれているのだろうけれど、この映画にはそこがまるで抜け落ちているところが、致命的なのである。母親役で宮崎美子が出演している。姉役で谷村美月も、出演している。この演技力のある二人が、すごく間抜けで頭が悪くみえてしまう。演出や脚本に忠実であればあるほど、という皮肉…。とても気の毒だ。だって一緒に暮らしている娘が妊娠していることに、コドモが生まれちゃうまで気づかない親がいるだろうか?同じ部屋にいるのにもかかわらず、臨月まで妹の体の変化に気づかない姉がいるんだろうか?一緒にご飯を食べたり、ちゃんとコミュニケーションをとってる家庭なんだよ、ここん家は。保護者の描き方も判で押したようなステレオタイプで、これもまたリアリティーがゼロ。これで、既成の観念やオトナのルールにしばられないで、ピュアな心で命の尊さを感じてほしい、なん言いたいのだろうけれども、それ、完全に間違ってます。11歳の未成熟なコドモの妊娠・出産がどれだけ危険が伴うものなのか、わかってるんだろうか。しかも清潔とはいえない場所で、医者もいない、設備もないところで、コドモたちだけでって。奇跡的に無事に生まれて、類まれな安産でしたで片付けちゃうのこれって逆に、命をあまりにも軽々しく扱ってるってことでしょ。そもそも“親になる覚悟がないのに”親になっちゃいけないっての。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。「コドモのコドモ 」from 映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評 (2008年10月1日 0時1分)のどかな地方都市、ほんわか顔の子役たちとムードはソフトだが、描くのは小学生の妊娠・出産とハードなものだ。賛否両論は覚悟で、命の意味をとことん考えてと呼びかけている。春菜とヒロユキは興味本位で“くっつけっこ”という遊びをする。春菜は妊娠するが、大人には相談.... ...[外部サイトの続きを読む]試写会で拝見しました。観おわった後「なぜこのテーマにする必要があったの?」と言う疑問だけが残りました。観ていて、「こんなことありえない」と思うことや「なぜ??」と思うことが多く、共感できない。つまり感動が無かった。「子供たちの演技」にこの作品は頼りすぎていないだろうか?子供たちの一生懸命さには、心が痛んでならなかった。正直、映画化されるべき作品ではなかっする必要は無かったのではないかとさえと思う。せめてR指定にすべきではないのでしょうか?観てない人の意見を気にすることはありません。 良い映画です。この映画で描かれていることは、実は世間体にばかり子だわっている大人より、浅はかで馬鹿だけども子供の方が命に対して真面目に向き合っている、という事。それとここは映画の感想を書くところで、他人の意見を批判するところじゃないよね?このように言う人が今は少ない。多くの人は映画を見て映画を批評しているは非難の声があんのじょう多い失礼ですが、監督さんにはお子さんがいらっしゃらないのでしょうか?   奥様は?  大人でも、子供を生むに当たって、物凄い費用と不安が圧し掛かります。 痛みだって、男性の方なら耐え切れない痛みだといいますよ?実際私も普通分娩を3回経験しています。あんな痛みが、果たして子供に耐えれるのか。子供目当ての性犯罪が起きている現代そういうことも考えてらっしゃるのでしょうか?『コドモのコドモ』 命の物語というには、命をあまりにも軽々しく扱っていませんか ※賛否両論のある作品です。みなさんは、どう感じましたでしょうか。 『コドモのコドモ』 監督:萩生田宏治 原作:さそうあきら「コドモのコドモ」 脚本:宮下和雅子、萩生田宏治 出演:甘利はるな、麻生久美子、宮崎美子、谷村美月、草村礼子、塩見三省、上野樹里も出演しているがみんなキャラクターは生きていない。なっきーさん。自分力で決意するのが凄いですって? 11歳の子供に何を決意できるっていうんですか? 1円も稼げない人間に何ができるっていうんですか? 決意っていうのは根拠があってはじめてできることです。 子供が子供を生みたいっていうのはただのわがままであって、決意でもなんでもない。 それを命がどうとか、友情だとか、感動っていうフィルターで映画にしているこれは作品なんて呼べない最悪なものです。こんな状況があって許されるものか?? 感動・いのち・友情ということばが踊っているが、こんな状況が自分の子どもの身に起こったと考えると、そんな安易なことばは絶対に出てこない。 命をテーマにする映画なら、こんな題材ではなく他にもあるはず。 センセーショナルなテーマで命を扱う安易さには耐えられません。道徳的に…なんて野暮なことをいっているわけじゃない。これは、“人間的に” もしくは “人として”という問題です。観念やルールに縛られたくないと言うのなら、人間をやめるしかないでしょう。社会に生きるのが、人間なのだから。犬や猫ではないのだから。この映画を支持するコメントを寄せている方々の中に、教育者もしくは教育に携わる人たちが多くいることがとても気がかりでなりません。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。
 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」16

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 9月 3日(水)11時18分35秒 ntehme023097.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  小学生だとワギナの大きさは小5は4cm小6で5cm16歳で7cmが普通であるペニスは普通は挿入しにくく破裂が起こり出血する。実際は痛くて膣壁が破れて血まみれになる厳しいものとなる場合が小学生は多い。中学生にならないとペニスをワギナにインサート(挿入)は難しいのである。また10才の小学生のヒロユキはまだ精通はしていない。していると異常である。簡単に妊娠はできない。無理のある設定である。まったくキモい映画だ。 産む決意くらいまでなら誰でもできる。何なら産む決意なんてしなくても子供は生まれる。「14歳の母」とここは共通している。産んだあとに育てるところまでやってはじめて「命の大切さ」がわかるってもんだろ。 出産で終わりなんて本当に何もわかってない。映画作った連中はゲスだ。 原作ってさそうあきらなんだな。ペン折れ漫画家だ。 麻生久美子や上野樹里が出ても見るきはしない。上野樹里はタイプ的に子供の頃にそういう遊び経験していそうな感じがあるが?最近ちっさい子が増えているがなにかの理由がある。 麻生とか上野とか落ち目でもないのに何でこんな気持ち悪い映画出たんだろ完全にミスキャストだ。ゲームは規制されるのにこういうのはいいのもおかしい。 めちゃきもい考えたやつヤバイ。消えてほしい心境だ。「コドモのコドモ」で映画試写会をみると「ヒロユキのチンチンひげが生えている」という言葉がある。ヒロユキ役川村悠椰君は身長が135cmしかない男子でひげが生えてくるのは身長が普通は150cm超えないと生えてこない。135cmしかない、こんな小さな小学生に「ヒゲが生えている」なんて言う言葉自体が無理だこんな小柄な子供は中学2年生になってからやっと発毛するケースが多いのである。 小学生の子供たちに見せてはいけないとんでもない場面である。また、春菜は一ヶ月も早い早産になった。一ヶ月も早いと健康な赤ちゃんは産めない10才という春菜の年齢からは「14才の母」の未希以上のハイリスク出産になるはずだ。こんな状態で小学生が子供の手だけで健康な赤ちゃんを出産させるのだから、あきれてものが言えない。厳しい能代市の冬では母子ともに死亡である。いくらミツオが出産の知識を得ていても全く経験がなく赤ちゃんを安産させるのは無理なのである。成人女性でも一気に流産してしまう気候条件なのだ。古い小屋は感染症にもかかりやすいのだ。母子共に危険要素が多すぎ子供たちのこんな危険真メッセージを命の大切さのメッセージと美化しても昇華しても国語や性教育に詳しい人なら大きな設定の無理はすぐにわかるはずだ。映画会社は何考えてこの映画を作ったのか「14才の母」の時のような明記が映画会社のプロデューサーからもでていない。小学生の出産という衝撃的なテーマで興収入を荒稼ぎして性の対象やハードルを中学生から小学生に下げようとするなたこれは大変な事態が来年の中ごろから考えられる。子供達は春菜を思うならすぐに大人の正直に知らせるべきなのだ。「コドモのコドモ」が現実離れして現実では母子ともに死亡する理由はこのソースからもわかるはず。話が現実離れして設定に大きな無理がある。臨月になれば小学生でもおなかのふくらみから腫瘍などの病気を疑い医者に行く妊娠はわかるはず。臨月でも両親が気がつかず。先生も気がつかないのはおかしい。「ドキュメント14才の母でさえ編集に無理があった14才の母は出演していない15歳から18才の母ばかりだった14才の母でさえひどいレアケースである。「ドキュメント コドモのコドモ」は無理である10才の出産は世界的なレアケースの集合体になり有害情報だけで何の役にも立たない。編集すればレアケースの集合体と笑われる。「14才の母 ドキュメント」も事実無理があったのだ。低出生体重児の出生要因とリスクに関する研究(PDF)いわゆる早産児は出産時においても児のアプガースコアも低いなどリスクが大. きいといえよう。 ... 低体重児の母の年齢が19才以下7例中早産は6例、 正期産は1例であった。 ブックマーク:1人が登録-htmlで見る。低年齢出産におけるIUGRの恐怖、春菜は1カ月も早い早産となった10歳という年齢からみても明らかにIUGR未熟児は免れない2500gいなの低体重の赤ちゃんは小児科的な処置がないと命が危ない。子供だけでは小児科的な治療は不可能。「コドモの子供が現実野世界なら春菜も子供も死亡、古い小屋で雪が降る中の能代市の温度は昼間でもマイナス10度以下となる。古い小屋での出産は不可能である。現実では18才以下でも危険な出産となる。 3S政策 スポーツ スクリーン セックス!何か最近の日本の芸能界は狂っている。 ギネスブックの低年齢出産が抹消された後最年少の母は11歳6年生の母がロシアとウクライナで確認されている。ただし父親は中核性以上の大人である。中国の夫婦や以前のロシアやリナメディナは伝説のようなもので情報は不正確となった。ウクライナの小学校6年生の母はやはり帝王切開手術になり自然分娩では母子ともに死亡している。直ロシアもウクライナも18才以下の出産は特別な事情がない限り認められない。ロシアの6年生の少女は中絶ができない状態の病気を抱えている。6年生同志の性交でも男の精通の関係で妊娠は不可能だといえる。映画の世界とはいえ春菜は記録取りな直しになってからは世界最年少の母となる。ヒロユキのような父親は世界でも存在しない。はジェンダーフリーやフェミニストの研究家でよく知っている「コドモのコドモ」は過激な性教育やジェンダーフリー教育が主体になるシーンがあり明らかに女性が主人公で女性尊重論者フェミニストたちが福田政権になり民主党が力を強めているために暗躍して「コドモのコドモ」の映画作製になったと思う。ジェン振り思想があふれているのではなくてこの映画「コドモのコドモ」事態がジェンフリ映画なのだ。フェミニストの言うように過激な性教育でフリーセックスを推奨しつつポルノを規制しろというのは無理だ「コドモのコドモ」の映画自体が児童ポルノだ「14才の母」も児童ポルノグラフィーだと外国人からもたたかれている。日本では14才以下の出産は1970年は9件だったが悪魔の教育となった性教育の影響で4倍以上に激増した。2006年は42件、2007年は「14才の母」の悪影響で43件に増えた。しかし出産した少女は全員が中学生で小学生の出産は0件である。ここ14年間は小学生の出産は0件である。今後何かの形で1件でも小学生の出産が報告されると日本中に衝撃が走り世界でもケースがない小学生出産映画「コドモのコドモ」は袋叩きにあう。「コドモのコドモ」のような10才の小学生の出産映画は海外にはケースがない。日本の社会が今は非常に政治が乱れて異常になってきていることの象徴が児童ポルノもどきといわれる映画「コドモのコドモ」なのだ。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
『恋空』と並ぶ伝説のケータイ小説として、延べアクセス数は1600万を超え、書籍も180万部売れているという『赤い糸』が映像化され、主演を南沢奈央と溝端淳平が務めることが発表されたが、そのフレッシュな二人のイメージとはかけ離れた、原作の性描写や暴力、犯罪などをどう描くかに注目が集まっている。この『赤い糸』は、フジテレビ系で12月にテレビドラマとして放送開始、映画は12月20日より松竹配給で公開されるというクロスメディア形式。しかし、心配なのが原作をどう映像化するのかだ。原作はケータイ小説ということもあり、かなりのタブーに挑戦している。中学2年生が飲酒、喫煙、性行為を繰り返す。しかも性行為の描写はあまりにも赤裸々。これをテレビでそのまま映像化するのは難しいだろう。また、さまざまな方面からの苦情も予想される。恐らく、その部分は映画で表現されるのだろうが、主演の南沢奈央はまだ17歳。かなりの体当たり演技にな
ることは間違いないだろう。この『赤い糸』が大問題。『14歳の母』とは比べ物にならない過激な性描写が含まれ、しかも中学生のセックスシーンの流布は立派な「犯罪」である。原作がケータイ小説であるといってもこれは逃口上にならない。露骨なセックスシーンや妊娠や中絶、未成年者の飲酒や喫煙といったものがこれでもかと詰め込まれ、これを模倣するする中学生・高校生などが多発する懸念がある。責任能力のない中学生・高校生の性非行を助長し、妊娠・中絶の激増、性感染症の蔓延なども実際危ぶまれる。『恋空』『コドモのコドモ』『赤い糸』など不穏当な映画やテレビドラマが多く見られるようになっているが、民放・映画会社など、メディアの良識・責任が問われている。
 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」15

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 9月 2日(火)10時24分44秒 ntehme037046.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  「コドモのコドモ」の予告偏みても感動どころか逆に引く。もう、設定に無理があり過ぎだ。これで感動するやつがいるのかと思ったら公式サイトに美化した感動コメント寄せてる馬鹿が有名芸能人が大勢いて呆れた。くっつけっこでは性交は成り立たないペニスが子宮近くまで挿入され射精する性行為でないと性交は成り立たない。http://jp.youtube.com/watch?v=iwKbVfyjNBU前田有一の超映画批評 - コドモのコドモ。これを聞けばはっきりと小学生の出産がいかに危険で命がけになることがわかる。小5どころか小6でも安産は小学生は不可能なのだ。小6でも日本人は身長は平均146,9cm安産は不可能だ。女性ホルモンの分泌が活発になる中1だと低身長でも生殖機能の性器や骨盤が発達して出産できる体に近づくが中1や中2でさえ非常に危険なのだ。15才以下はハイリスク出産が多い。14歳は15歳の5倍のハイリスク。13歳は14歳の5倍以上のハイリスクといわれる。去年は14才以下の出産は43件あったが41件が中3の14才と中2で41件
、中1の出産は2件あった。しかし小学生は0件だった。14才以下の出産はここ数年は激増しているが、小学生の出産は十数年間日本では起きていない。フィックション!やファンタジーでは済まされないのだ。「コドモのコドモ」は全国の小学生の間にセックスを大流行させる恐れがある。くっつけっこという変な名前だと面白がってセックス増長する。今の小学生に見せるにはあまりにも危険な映画なのだ。P-12の指定もないからなおさら危険である。ガキの暴力はNG、エロはOKか!マジで言いたくなる。こんな映画で「命の大切さだとか、友情の素晴らしさだとかを」テーマに持ってくるのは無理がある。なんで日本ではここ十数年間も起きていない小学生の妊娠出産を小道具に使うか疑問だ。子供が子供産んだって、自分で育てられるわけが無い。究極に無責任な映画制作しているとしか思えない。それを肯定しちゃう方向の話の作り方だから、悪質だ、この映画(原作
マンガも)。そもそも、子供に子供作らせちゃいけないんのだ。だけど、それが素晴らしいことのように、麻mmがも映画も物語が進んでいくのが最悪である。漫画連載当時は「青年誌」と「子供達の性と出産」という組み合わせで、あの内容に無知・無責任・興味本位という、いかがわしさしか感じなかったが、それが今回の映画では無知・無責任・興味本位はそのままに「ジェンダーフリー」「ファンタジー」という言葉をまとわせて、いかにも子供の側に立って作った作品という体制をとっているのが、気持ち悪く、凄く恐ろしささえ感もじる。自分の命を危険に晒す行為をジェンダーフリーとして認めて良い訳はない。ましてやリスクの高すぎる命がけに現実ならなってしまう小学生の出産はファンタジーではない、むしろ対極である。これアメリカだったら映画関係者は全員逮捕、起訴されて連邦裁逝きである。漫画を原作にしたドラマ・映画には、ろくな作品がないのが現状である。1985年から日本人は身長も体重も伸び悩んでいる。今のガキどもが性に関して早熟ではない。「育ちが悪い」ことなのだ。公式サイト見たけどなんだかひどい。命の大切さとか子供の純粋さを見せたいなら題材が「小5」「妊娠」じゃなくてもいい。話題と金儲けのためだけの作品だ。逆に命と子供をの冒涜してると思う。少子化対策にも逆効果だ。11歳で乳首が肥大して赤黒いブツブツが出来て母乳もでない「14才の母」の未希と同じ状態の現実はなる。小5どころか低学年、幼稚園児、保育園児、幼児の性まで暴走させる気か?今後は子供達のセックスや小学男子のレイプが流行りそうだ。子供たちだけで出産するとか現実と乖離してる部分が共存してる気持ち悪い内容だ。「命の大切さをテーマにしてる良い漫画って探せばほかにもっといいのがありそうな気がするけど」とにかく衝撃的・刺激的な設定で話題も客も呼べると考えてるのか。情けなや。「オエッ」という声が聞こえてきそうだ。原作漫画忠実に描くから問題は大きくなり余計グロく感じる。長い歴史を見れば10代後半で初産は珍しくない。しかし昔は25歳までにほとんどの人が結婚していた。しかし性教育がはじまりフリーセックス化したジェンダーフリーの世界になり未成年の結婚・出産を是認している訳ではないが晩婚・晩産化・単身化が進んでいる。この映画のテーマの映画予告編の「みんなで力を合わせて頑張ればどんな困難も乗り越えられる、」なんてのもまったく無意味でワケワカメになってしまう。こんな映画を公開させる日本政府もどうかしている。「靖国」など比べ物にならない超問題作なのだ。どんな層が映画館に集うんだろうと思ってしまう。まじで気持ち悪い内容、自分の子供がこんなんやったら顔の形かわる位ぶん殴るだろう。こういう映画を製作する奴こそ、児童ポルノ禁止法違反で即刻逮捕されるべきだ!もちろん未成年でセックスするような屑どもは言うまでも無く逮捕!もうあほかと!氏ねじゃなくて、マジで死ね!といいたい。早発月経で小2で初潮が来れば低身長になるのは当たり前だ。身長は130台か140代にしかならない。早く妊娠で切り体にはなるが一生出産もハイリスクになってしまうのだ。早く妊娠はできる体になっても一生安産は難しい。上戸綾さんがそうだった8歳で初経で身長は148cmで止まった。大人になってから結婚して出産したが帝王切開手術の厳しいものだった。早発月経の子は早く妊娠できる体になるが出産危険リスクが一生付きまとう体になるケースが多い。映画制作者のならいは、どんどん刺激的なネタをエスカレートさせて、社会を更に荒廃させるってわけだ。こいつらがこういうのを世の中に撒き散らすたびにこどもたちがおかしくなっていくってことも分からんのか、とにかくセンセーショナルであれば売れるという卑しい発想つくづくゴミだな、こいつらはと映画会社に苦情を言いたい。好きな人には悪いが、まず絵面が何気に生々しい。 話のネットリ感も不快。中途半端なリアリティさがイヤだ。 自分の子供世代には絶対見てほしくないし、 その親世代の自分と同世代の人間が、これを見て何をどう共感・感動するのか謎すぎる。 ていうか、マジきめぇよ。この話。 「くっつけっこ」ってアホか! どんだけ子供達に悪影響やねん!
殺人予告よりもこっちを取り締まれよ!!おかしいぞ! 設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
 中学生の激しい性描写、飲酒どう描く?ケータイ小説映画化「赤い糸」主演決定!6月24日15時30分配信 シネマトゥデイ拡大写真フレッシュなイメージの主演の南沢奈央と溝端淳平 - (C)2008「赤い糸」製作委員会「恋空」と並ぶ伝説のケータイ小説として、延べアクセス数は1600万人を超え、書籍も180万部売れているという「赤い糸」が映画化され、主演を南沢奈央と溝端淳平が務めることが発表されたが、そのフレッシュな二人のイメージとはかけ離れた、原作の性描写や暴力、犯罪などをどう描くかに注目が集まっている。赤い糸」はフジテレビ系で12月にテレビドラマとして放送スタートし、映画は12月20日より松竹配給で公開されるというクロスメディア形式。しかし、心配なのが原作をどう映像化するのかだ。原作はケータイ小説ということもあり、かなりのタブーに挑戦している。中学2年生が飲酒、喫煙、性行為を繰り返す。しかも性行為の描写はあまりにも赤裸々。これをテレビでそのまま映像化するのは難しいだろう。また、さまざまな方面からの苦情も予想される。恐らく、その部分は映画で表現されるのだろうが、主演の南沢奈央はまだ17歳。かなりの体当たり演技になることは間違いないだろう。主演に抜擢された南沢奈央は、「不安でもありますがとても楽しみです。今しかできない純愛作品を精一杯作りたいです。見て頂いた方にも『赤い糸』はきっとあると思って頂けるような、心に残る作品にしたいです。がむしゃらに頑張ります!」とコメントしているが、相当な覚悟を決めてのことだろう。この「赤い糸」も大問題になってきた。「14才の母」とは比べ物にならない過激な性描写かあるのだしかも中学生の14才の性描写セックスシーンは犯罪になってしまう。大人の男性だと強姦罪、女性では猥褻罪となり未成年者が木のセックスをいくらケータイ小説で人気があるといってもこれは大きな罪である。激しい露骨なセックスシーンや妊娠や中絶、未成年者の飲酒や喫煙と中学生が今大きな問題になっていることばかりでこれは真似をする中学生が続出する危険性があり、中学生の性経験者を激増させ中学生の妊娠の激増やエイズ、STD性感染症を蔓延させて子供が作れない体になってしまう恐れがある。日本のリーダーが弱い時はジェンダーフリーやフェミニストが猛威をふるうといわれているが本当にその通りだ小泉総理大臣のときはこんな不適切な映画やドラマはなかった安倍総理大臣になってから「14才の母」がテレビ放送され福田総理大臣の時代になり「恋空」「コドモのコドモ」「赤い糸」と不適切な映画やテレビドラマが多くはやっている。この事態を打開するのは日本政府だが今の日本政府は全く頼りない情けない限りである。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」14

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 9月 1日(月)10時17分33秒 ntehme024182.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  昔「ママは小学4年生」ってアニメがあったがこれは15年後の自分の産んだ子供がタイムスリップしてきて仕方なく子育てする健全なSFアニメだった。テレビや週刊新潮などで早くも小学生の性が大げさに晒されはじめた、実際は純真な小学生のほうが多いのだが映画「コドモのコドモ」等は有害情報を大げさに美化して間違った形で子供たちに伝えている。 日本ユニセフは知っているのか!? と言いたい。麻生久美子がこんな駄作に出演も分からない。セックスシーンがくっつけっこシーンになっているのは沙良にロリコン者のセックスを逆に刺激してしまう。小学生や中学生の妊娠や出産映画やテレビドラマは「別に作りたいやつらが作って見たいやつが見ればいいんじゃねーの」では済まない多くの問題が起こる。事実、男女合同宿泊などを行う小学校は大きな被害を受けている。「コドモのコドモ」を見た小学生は「僕らも子供作ろうって」思うことは考えられる。 バラエティの低俗低俗騒ぎにも「コドモのコドモ」が出しにされるかもしれない。そうなると小学生の保護者にとっては最悪である。今の子供の思考回路って狂ってるから 11歳でもセックスできると勘違いを間違いなく起こす恐れがある。映画「コドモのコドモ」は醜さでは「恋空」をはるかに超えている。11歳?妊娠中に体保つはず無いだろが。子宮の大きさ分かってんのか? もし産んだとしても親に全て金払ってもらって育てんだろ。勝手にしてその後命がどーたらこーたら屁理屈こねて親納得させて(騙しての方が正しいかもしれない) 他の人にさんざん迷惑かけながら産む。そして金は親任せ。生命の重さってとこを子供たちの性の軽さに変えているのではないか。 この映画を作るってのがドッキリなのだ。医学的には11歳の子宮の大きさは16歳の5分の1子宮破裂が多い後進国や発展途上国では子宮破裂による死亡が多い11歳では16歳の5分の1の大きさ小6で4分の1、中1で2分の1、中2で4分の3、中3で6分の5、高1で普通の大きさに子宮発達する。小学生は子宮が小さく陰道が狭く膣口がせまく出産では生殖器が裂けてしまい出血大量で死んでしまう春菜もこのケースは体格的にも免れない。小学生は身長が高くても生殖器は未発達で安産はできない。ここ十数年、小学生の出産が0件で起きていないのは早期発見と処置の対応が早くなったせいもある。中学生はどうしても産みたいものが去年の2名の中1のように子供を産むのだろう。中1の出産は毎年2~5件は起きる。中3の14才以下と中2の出産は毎年40件前後は起きている。小学生の出産はここ十数年間、起きていない。ヒロユキのような小学生の父は世界中に存在しない。十四歳以下の出産は帝王切開が中学生でも非情に多い。やっぱ中学生でもリスクが高いのだ。昔なら確実に死ぬレベルの危険さが多い。アメリカの低年齢出産映画「JUNO」は主人公は16歳だが「集団妊娠」を起こして問題になり上映を取りやめる映画館がアメリカでは相次いで起きている。 「見たいやつだけ見ればいい」ってのは、分別のある大人な人間にだけ通じる話。 物事の良し悪しがまだよくわからない子供に「見たいやつだけ見ろ」と言って、このような不道徳な作品を与えるのは無責任だ。 この映画も年齢制限がきちんと付いていれば、ここまで叩かれなかっただろう。 「学ぶ所なぞ殆ど無い、空想娯楽作品」と言えばいいのに、まるで学ぶ所があるかのような物言いをする関係者のコメントが大きくムカつくのだ。「気持ち悪い上映禁止しろ」という声も非常に強い。日本中の子どもが真似する恐れが実際にある。主役が同じ志田未来でも「14才の母」と「正義の味方」の視聴率の差を見ればいかに日本人がロリコンかつ幼児性妊娠に興味があるのかわかる。 これは現代の教育の欠陥である小学校でくっつけっこの遊びがはやりセックスする小学生が増えてもし中学生以上の大人とセックスする子も出ると小学生でもレアケースだが本当に妊娠が起きる。めちゃくちゃ危険な映画のだ。全国のPTAも気をつけないといけない。またPTA思考ではないが、情報に流される子供もいると思う。 映画が、子供でも出産できるとか簡単に言ってたら鵜呑みにする。最近の犯罪は漫画やテレビが影響してると警察やマスコミが警告している。PTAは小学生出産映画「コドモのコドモ」のような映画こそ批判してほしい。この映画は完全に間違った性知識を植え付けてる くっつけっこでは性交は成立しないのだ、医学的にも、くっつけただけで妊娠はできない。ペニスをワギナから子宮近くまで挿入して射精しないと性交は成立しない。製作サイドは「あっち(14才の母)が中学生ならこっちは小学生で関心を引こう、原作漫画道理小学生で原作道理描こう」 「センセーショナルだな、賛否両論で話題作りにはもってこいだ」 「児童ポルノではないかって少し勘違いさせてラインをどこどこで引こう」 企画会議も気になる。「コドモのコドモ」は小学生の出産は日本ではここ十数年間も起きていないから問題提起にも賛否両論もできない。これは何の映画なのだということになる。若年の性交、妊娠描写はロリエロ漫画は腐るほどある、テーマ性でなく話のスパイスやコンテンツに持っていってるから怖い。漫画の中には「コドモのコドモ」以上に過激なものでも漫画なので全く叩かれない物が山ほどあるから。「コドモのコドモ」の予備軍の漫画は多いのだ。 世の中は体裁だけでしかない。体裁に流されてしまう。さそうあきらって変態だと思うよく一般誌に描けるもんだ。異常な固定観念だ。小学生が妊娠する描写はロリエロ漫画には腐るほどあふれているがこれらがガンガン映画化されるような時代になるかもしれない。子供育は金がかかる。自分で稼げるようになってから子供つくれるようになるまでは23歳まで今の時代はかかる。 働かなきゃ金は手に入らない。しかし今では働いても碌に金が入らない。ワーキングプアの問題も子供学力やモラル低下に影を落としている。 性教育の勉強にもならない。 結局なにが言いたいが為にこの設定なのか?
設定ありきじゃないのか?予告みたけど最低だ。妊娠した女子高生の映画やテレビドラマでさえ叩かれる時代なのだ。作者が気持ち悪い映画評論家も無理やり美化しているから素人にも突っ込まれる。「崖の上のポニョ」は子供向け映画として評論できるが現実に十数年間も起きていない小学生の出産がテーマでは評論ができないのだ。こういうものを「児童ポルノ」として摘発しないのはなぜか?あまりに露骨だし、教育上よくない。しかし影で男女共同参画で幅を利かせているフェミニストやジェンダーフリーの勢力が怖いのだろう。 話題性だけで作品動かしている感がある。こういう題材がやりたくば、綺麗にまとまる映画じゃなく完全ドキュメント映画にした場合。後進国や発展途上国では少女が低年齢で妊娠して出産してマだ未発達な性器が裂けて出血大量で死んでいるケースが多くある。非常に小学生の出産は怖いのだ。小学生の出産ややセックスを綺麗にまとめるな。どんだけ後が大変か子供に伝えるメッセージにはなっていない。さそうあきらは、神童、トトの世界、犬・犬・犬あたりで終わっている。 完全に小学生のセックス、出産推奨映画だ。なお小5の出産は映画超評論家、前田有一さんの解説でもあるように命にかかわる。春菜は危険な帝王切開手術は免れない。小5どころか小6でも安産は不可能である。現実なら春菜は母子ともに即死である。なお14才の出産は1970年は19件だったが200
6年は42件、2007年は「14才の母」の影響で激増した。2007年の14才以下の出産は中3の14才と中2で41件、中1が2件、小学生の出産はここ14年間、日本では起きていない。「コドモのコドモ」の制作理由が分からない。映画とはいえ児童性虐待も伴う出産シーンに児童ポルノもどきだと非難が出ている。全く性教育にもならない。性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
主人公・芽衣は、姉の春菜、幼なじみの悠哉の三人で一緒の時間を過ごすことが多かった。 実は、芽衣は悠哉に好意を抱いていたのだが、悠哉から姉・春菜への気持ちを聞き、自分の悠哉への好意を明かさない決意をする。中学生になった芽衣は、級友のアツシと交際を始めるが、このアツシとの関係は、アツシと水商売の女と二股、ドラッグを使用した性交渉などを経て、破綻する。その後、芽衣は、失恋の反動からコータと恋愛感情のない性交渉をもったり、夜道で輪姦されたり、友人の自殺未遂で記憶喪失になったりするなど、常軌を逸した遍歴をたどるがたかチャンと出会う。しかし、たかチャンは、芽衣の親友・沙良が好意を寄せていた相手だった。それを承知で、友達を裏切りながら、芽衣はたかチャンと付き合い始める。しかし、たかチャンの嫉妬、暴力などによって、結局、別れを決意するなど、さまざまな男との出会いと別れを繰り返していく。 ある時、芽衣の友人・優梨に子供ができ、昔の友人が集まった。 その時、別の女性と一緒といるアツシの姿に動揺する。さらに、芽衣の父親の病気治癒を 祈るアツシの心情を知って、芽衣はさらに心を動かされる。さらに、芽衣がドラッグ・パーティーから持ち帰った薬物を、一緒に輪姦された親友・美亜が使ってしまい薬物中毒になる。芽衣は美亜への呵責と対処に悩み、さらに、境界性人格障害をもったアツシの現在の彼女・麻美からの嫌がらせにも苦しめられる。結局、芽衣は、アツシと付き合うようになるが、麻美の嫌がらせは止まなかった。麻美は、アツシの母親の経営する店への融資がらみのいやがらせ、芽衣の輪姦事件を表沙汰にするなど、芽衣とアツシの別離と画策する。しかし、アツシが身を挺して自動車から芽衣を救ったのを
目にして、麻美の嫌がらせを止める。 最後に、芽衣の実母の話が語られる。 アツシは、自殺した芽衣の実母のホステス仲間の子であった。 -----------------------------------------------------------------------

ただの不良というか、馬鹿女じゃん? 何人と絡めば気が済むんだ??このケータイ小説は性年齢を高校生から中学生の落とし過激性で興収入狙いである。これでは今の子供の保護者達に子供に見せたくない映画やテレビNO1に指定されテレビドラマも映画も大きなダメージを受ける流れが出ている。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」13

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 8月31日(日)11時08分38秒 ntehme020125.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  愛媛新聞「ヤング落書き帳」に性同一障害者からの危険な記事が投稿掲載された。性同一障害者からの危険な記事が投稿記事、そのまま掲載。

=「性同一障害者」周囲に告白迷う あっくん(14)=

皆さんは「性同一障害」という言葉を知っていますか。性同一障害というのは、生物学的には自分の体がどちらのせいに属しているかはっきりと分かっているが、その反面、人格的には自分が別のせいに属しているのと確信している状態のことです。皆さんの中には性同一障害の人に対して「気持ち悪い」「同性愛と似たようなもの」などと思う人がいるかもしれません。けれど、私は性同一障害だと思っています。私は女だけど、今でも「男になりたい。手術してでも男になりたい」と思っています。でも、それ以前の問題として、私は親や友達にそのことを言っていません。それで、親や友達に言おうかどうしようか迷っています。信じてもらえなかったり、軽蔑(軽蔑)されたら嫌なので言えません。このことを親や信優に言うべきでしょうか。皆さんは、どう思いますか?(西条市・女子)

「性同一障害」は「同性愛者」とは全く別物で親や友達に言うのは友達に相談しても最終的には自分の判断になります。このようなヤング落書き帳に中学生が投稿したために西条市の教育員会は明日の夏休み明けから生徒指導部は大変な騒ぎです。「ヤング落書き帳」に投稿して愛媛県十の騒動にしてしまうとあなたはますます「性同一障害者」ということが言えなくなります。よく考えて投稿してください。「性同一障害者」と「同性愛者」の違いは今の時代はみんな知っていますよ。ここもよく考えてください。

イギリス人の14歳という年齢は日本人の13歳と同じである。初経も精通も日本人よりも1年以上も遅い。イギリス人も小学生の出産はめったにない。小学生の出産は0件の年が多い。イギリス人は13歳過ぎから初経がはじまる。精通は14才からだ。意義留守人は中2や中3あたりでの出産は多い。ただし日本人よりも遅生だけに、中学生の出産は帝王切開手術が非情に多く子宮破裂で死亡するケースも多い。子育ての心配よりも少女の死亡率が高いことが問題化して心配する親が多い。日本人の小5の出産「コドモのコドモ」の世界はいじょうだ。小6でさえ以上であり得ない世界である。気持ち悪い。吐き気がする。これ以上日本を崩壊させるんじゃねえよ。と映画監督や映画スタッフに言いたい。ラストは「14才の母」以上の駄作である。低年齢出産映画やテレビドラマは「14才の母」で限界だったと言える。「コドモのコドモ」は保護者達が子供に見せたくない映画NO1に指定している「14才の母」でさえ子供に見せたくない番組NO2なのだ。どこまでその命の当事者として考えられるかってことだろう。それができれば、子供でも周りの人間、大人たちを変えてゆくことができると。しかし実際、こんな風に望んでない妊娠を何の苦痛もなしに 受け入れられる女性はいない。「14才の母」とは比べ物にならない現実離れである。そのへんをうやむやにした何の価値もない作品である。今はもうロリエロ漫画をドラマ化する時代になってきていないか心配である。ロリエロ漫画はエロシーンさえ省略すればドラマ化できそうな題材はいくらでもあるからだ。「勃起したペニスをワギナに入れて射精したから子供ができたんだよ」書き込んでいる人達はまともではない。低年齢出産で赤ちゃんは命の大切さを学ぶ教材じゃないよ!映画関係者は全員タイホでいいだろ。 くっつけっこで性の教育にはならないだろうし、この映画の意図がわからない。子供には子育てが出来ないと言う現実を突きつけたいのなら、映画の「誰も知らない」みたいな感じにすれば良いだけ。この映画作った奴、馬鹿なんじゃねーの?と言いたい。 ただでさえ日本人男性=ロリコンで粗チソのモラハラ男ということが定説化してしまいそうな時に
こんな映画を作るとは製作者はロリコン犯罪まで助長してしまう。医学的にも小学生は自然分娩は不可能、中学生は出産はできるが中学性でさえハイリスク出産が多いのだ。狙いは日本人のモラル(民度)の低下誘導。 電車の中で化粧したり、歩きタバコしたり、シルバーシートで携帯いじったり、そして小学生で子供つくったり日本終わった。という時代の到来の始まりかもしれない。『コドモのコドモ』今生きてる事が嘘に思えて来た自分がいる。全国にて順次公開を・・・止めれる奴いたら毎日地上波で巨人戦放送するのを許したいきもちだ。「日本神話」を読むと子供の男女が、男「私の体はほぼ完全ですが、一カ所肉が余っています」 女「私の体もほぼ完全ですが、一カ所肉が足りません」男「では私の余っている部分で君の足りない部分をふさいでみましょう」これが日本列島誕生のきっかけとなっている。日本神話の真似をそのままやっても仕方がないのだが。ホルモン異常で妙に早熟で、ちっさいのに身体が完成しちゃってる子供って時々いるが、人間は動物のように生殖器全体が完成するにはやはり早熟の子でも16歳までの時間がいる。この主人公、春菜(甘利はるなちゃん)は身長は小5のときは132cm、妊娠できても出産は自然分娩では不可能な状態である。言い方も【くっつけっこ】って?エロすぎ。はっきり言って【セックス】よりエロい。「くっつけっこ」言うだけならともかくセックスが成り立って行っている。「えっち」も「セックス」同ようである。 この映画はともかく結婚・妊娠関係のスレは本当に子供の将来を心配して批判している人は多いが、ロリコン男たちも多く控えているのだ。コドモの妊娠を隠そうとする子供達はバカに決まってるだろう。自分の子供や学級の子供の妊娠が気がつかない大人たちは気違いだろう。特にこの原作のキャラたちはみんな異常だ。さそうあきらのスカした作風が嫌いだ。コンクリート詰殺人の映画とかもそうだが、こういうエグいだけの題材の映画を作って社会派とかいってるクズは最低だ。”くっつけっこ”とかいって小学生が挿入、射精ってどう考えても悪ふざけにしては無理がある。性交は成り立たない。性交はペニスを子宮に近くまで挿入して射精しない限り成り立たない。くっつけっこなどという軽い遊び感覚で破瓜の痛みに耐えられるんだろうか? 秋田では毎日ローカル番組でこの映画の紹介している。能代市が舞台ってことで、撮影でとっても金落としてったとか、この映画見て能代市に興味持ったりした人が観光で訪れたりしての経済効果とか、とにかく金の話か撮影中の面白エピソードとかキャストが豪華だとかそんな話がメインで、肝心の内容に関しては、汚い無精髭面のつまらないローカルタレントが、命の大切さがどうとかありきたりの決まり文句で逃げただけで、朝からとっても不愉快で吐き気まで覚えた。妊婦の中には妊娠中で、もう3ヶ月くらい安静指示で入院してる。人も多くいる。入院費がひと月35万は余裕でかかってるんだが、払えるのか? 何の知識もないガキが、股開いて中入れてズゴバコやろう!なんて昔の子供達は、遊びとして思いつかんわ。設定から無茶苦茶、無理ありすぎ。こんなの金払ってまで見る奴いるのかロリコンは別だが?健康な人でも普通は陣痛始まるまで家にいるが。分娩後も一週間は入院する。春はな出産後数時間で深い雪道を歩き家の小火を心配して帰っているがこれは春菜は死亡している。クラスメートが協力しあって病院なしで出産するから大丈夫という設定も大きな無理があり医療現場をバカにしている「14才の母」のように「出産は人間の英知を超えた営みです全力を尽くしました」という産婦人科医師が本当の医療現場の医師なのだ。さそうあきらはもう漫画家として死んでる。いまやってるのもひどすぎ、こんだけ妊娠出産が馬鹿にされるこの国は日本人だけである。ロリエロ漫画のような小学生がグリグリにレイプされてるエロ漫画の映画化までありえるが、これもファンタジーなのか? 小学生では精通している子はほとんどいない中学生にならないと精通は起きない子が多いのだ。男子は特に中1後期から中2にかけて集中的に精通する。こんな映画に自分の子供を出演させる親も金もうか主義なのだろう。 よくこんな気持ち悪い漫画描けるな作者は基地外か何かか?「こどものじかん」のようなアニメはダメでなんでこれはいいんだよおかしいだろ。「コドモのコドモ」は妊娠・出産よりも非現実的な作品が問題なのだ。敢えてDQNとかの出産を取り上げて視聴者に優越感を与えるのテレビもどうかと思う。大家族青木家のあざみでさえ15歳の出産は死ぬほど苦しかったと話している。二人目は17歳での出産だったので楽だったと答えている。青木家のあざみさんの言葉からも低年齢出産の怖さがわかる。麻生久美子や上野樹里も出演してもみる気もしない。小5のくっつけっこ映画は倫理的に問題がある。小5の女の子なら生理がどういうものか大体分かるかもしれないが問題は相手の男が小5なのに精通しててセックスの欲求があるところだ。
さすがに無理があるだろ。ロリコンのおっさんが「ファンタジー」の形を巧妙に利用して
妄想の限りを尽くして考えたソフト児童ポルノ。こういうおぞましいものが堂々と公開される国、日本は終わっている。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
『恋空』と並ぶ伝説のケータイ小説として、延べアクセス数は1600万を超え、書籍も180万部売れているという『赤い糸』が映像化され、主演を南沢奈央と溝端淳平が務めることが発表されたが、そのフレッシュな二人のイメージとはかけ離れた、原作の性描写や暴力、犯罪などをどう描くかに注目が集まっている。この『赤い糸』は、フジテレビ系で12月にテレビドラマとして放送開始、映画は12月20日より松竹配給で公開されるというクロスメディア形式。しかし、心配なのが原作をどう映像化するのかだ。原作はケータイ小説ということもあり、かなりのタブーに挑戦している。中学2年生が飲酒、喫煙、性行為を繰り返す。しかも性行為の描写はあまりにも赤裸々。これをテレビでそのまま映像化するのは難しいだろう。また、さまざまな方面からの苦情も予想される。恐らく、その部分は映画で表現されるのだろうが、主演の南沢奈央はまだ17歳。かなりの体当たり演技にな
ることは間違いないだろう。この『赤い糸』が大問題。『14歳の母』とは比べ物にならない過激な性描写が含まれ、しかも中学生のセックスシーンの流布は立派な「犯罪」である。原作がケータイ小説であるといってもこれは逃口上にならない。露骨なセックスシーンや妊娠や中絶、未成年者の飲酒や喫煙といったものがこれでもかと詰め込まれ、これを模倣するする中学生・高校生などが多発する懸念がある。責任能力のない中学生・高校生の性非行を助長し、妊娠・中絶の激増、性感染症の蔓延なども実際危ぶまれる。『恋空』『コドモのコドモ』『赤い糸』など不穏当な映画やテレビドラマが多く見られるようになっているが、民放・映画会社など、メディアの良識・責任が問われている。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」12

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 8月30日(土)11時19分24秒 ntehme037194.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  「神童」、「トトの世界」などで知られる人気漫画家、さそうあきらの同名漫画の映画化『コドモのコドモ』が9月27日(土)より公開される。これに先駆けて、早くから話題を集めてきた本作の最新予告編がシネマカフェに到着した。
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/release/2008/08/4547/
イマドキの小学5年生の女の子・春菜はある日、いじめられっ子で幼なじみのヒロユキと興味本位で“くっつけっこ”という遊びをした。後日、性教育の授業を受けた春菜は自分が妊娠しているかもしれないと思い始める。だが、大人たちにそのことを打ち明けられないまま、お腹はどんどん大きくなっていくばかり…。そこで春菜と彼女の同級生たちは、コドモたちだけの力で赤ちゃんを守ることを決意する――。コドモたちが出産のために奮闘する姿を通して、生命の重さを見つめなおす本作。400人もの応募者の中から見事オーディションを勝ち抜き、デビュー作にしていきなり母親という難しい役どころに挑戦した大型新人、甘利はるなの演技にも注目したいところ。共演には麻生久美子、上野樹里、谷村美月など今をときめく若手女優から、宮崎美子、光石研らベテランまでが揃い、主題歌も奥田民夫が初めて劇映画に書き下ろすなど、さまざまな才能が集って困難な題材を映画化している。小学生の妊娠というテーマは、いかなる反響を呼ぶのか?『コドモのコドモ』は9月27日(土)より渋谷シネ・アミューズ、新宿武蔵野館ほか全国にて順次公開。

作り話にもほどがある。小5の4月10才の子供同士のたんなり一回の性器のくっつけっこでは性交にもならない。たとえ性交ができても妊娠するわけがない。麻生久美子も八木先生役は醜い。 世界的にローティーンを保護する機運が高まっているご時世に馬鹿な制作会社とアホ監督としか言いようがない。 こんな映画を世に出すべきではない。小学生のセックスを描くと法律的にも犯罪である。また知らなかったと言っても小学生のセックスは法律で禁止されているから「コドモのコドモ」のような状態になれは春菜もヒロユキも犯罪者になる。命を創るシーンはこのような低年齢出産では描けない「命の大切さ」とかテーマにもならない。監督と製作会社は小学生の性犯罪を平気で描いているのだ。 この映画は「コドモのコドモ、大人一枚」なのか、それとも「コドモのコドモ、大人一枚、小学生一枚」なのか?と疑われる。またロケ地になった能代市も本当に小学生の出産があった地域なのかと疑われる恐れがある。創作じたいが変態としかいいようがないからだ。また女子は数百人に一人のレアケースで生理は小41学期にあっても男子の精通は1000人に一人以下の超レアケースとなり妊娠は不可能である。最近の低年齢出産を描いたドラマ「14才の母」は日テレ社員の友人から送られてきた脚本では「新コドモのコドモ 14才の母」というタイトルだった。「14才の母」は「コドモのコドモ」を源本にして作られているがとことん現実的になるように制作され、根ごそぎ脚本を改造された結果「14才の母」は今の姿になった「コドモのコドモ」で見られる問題点はかなり改善されていたがそれでも「14才の母」でさえ多くの問題を残した。「コドモのコドモ」は設定から無理がある。10才の小学生同士の性交で妊娠したケースはない性研究所HISから報告がある。ドラマも現実離れで寓話的ファンタジーとして描かれ一番大切な主人公が妊娠して追い詰められてぼろぼろになる場面は全くない。作品としては全く駄作である。現実の世界なら出産状況から春菜は母子ともに即死している。小5がすんなり安産となる矛盾点、大人は気付かない子供は隠す。子供だけで動物のように子育ての無理な設定が多すぎる。突っ込めばきりがないだろう。現実なら、腹が大きくなってからは春菜は着る服も無くなり、かと言って自分で洋服を買う金は無いはずだ。親がこれで気がつかないのも異常である。「バカ言ってんじゃねーぞ、この映画」と怒りたくなる。 ただの1円すらも稼ぎ出せない子供に、何が出産だの子育てだのって どこに感動のポイントがあるだ。マスコミ試写会見ても逆に吐き気した。こんな映画が上映できるのは世界では日本だけだアメリカや欧米諸国では15才以下の出産映画やテレビドラマは禁止された。アメリカは昔は「フレンズ」や「青いサンゴ礁」など15才以下の中学生出産映画があったが今は禁止されている「JUNO」が16歳なのはアメリカの映画の許容範囲で法律違反にかからない最低条件の設定なのだ。日本はガンガン低年齢の妊娠や出産の映画やテレビドラマを量産して恥ずかしくないのか表現の自由もいき過ぎである。「出産とか命」とかなめてんの?といいたい。「14才の母」はかなり現実的だったがやはり中学生の出産美化になり2007年の14才以下の出産を増やしたと非難され子供に見せたくない番組NO2にランキングされて、放送時は18,55%も取った視聴率が再放送では3,5%と落ちた再放送でも高視聴率を出したのは古い古典風ドラマ「ごくせん」放送時は32%、再放送でも19,75%にも達した。「コドモのコドモ」は「14才の母」の何倍も重い小学生の出産という超重いテーマを引っ張っていながら映画がファンタジーであり悪質なSFであり金かける必要性がわからない。今の少女漫画界は本当に終わっている。とにかくセックスに関連すること、頭ん中それしかないエロ本以上に性描写は過激である。映画では漫画と同じセリフでヒロユキが立ちションをしているのを横で見ていて発情した女の子が草むらに誘い込んでセックスした話のようにしか取れなかった。漫画と違い自転車で二人きりで公演に遊びに出かけているのだ。漫画では同人社だからともかく、こんなの子供向け映画として考え出した奴の人間性を疑いたくなる吐き気がする。 この映画をみた子供たちは、SEXを求め、性行為に及んだり、コドモを作ってしまうと今後はとんでもない世界になる。小学生の出産はここ十数年も起きていないのに小学生の出産映画を作る必要があったのかその理由も知りたい。アホか? 中学性や高校生の子供がコドモつくる理由なんて大抵は「無知で未熟なのに、半端にSEXという行為を覚えてしまったから」 だろうが。それより、「コドモのコドモ」は問題提起もない。小学生の出産が最近は起きていないだけに問題提起にならないのだ。 良い話にしてるのが糞すぎ。話つくったやつも映画つくったやつも頭おかしいんじゃないかとうたがいたい。こんな映画こそ上映禁止しなきゃだめだろ「PTA共何やってんだ」と言いたい。ロケ地の能代とジェンダーフリーでググるとキナ臭さが増してくる。小5で妊娠、出産は、さすがにドン引きする。なんでわざわざ低年齢の妊娠映画なんて作るのか?気持ち悪いなぁサヨの社会啓発か? 「コドモのコドモ」は100害あって一利なし
基地外の作った変態クズ映画である。後進国や発展途上国での少女の出産を引き合いケースに出すことは春菜の危険性が非情に増してくる。後進国や発展途上国では9歳、11歳、12歳で妊娠して出産は帝王切開手術の技術のない後進国や発展途上国では出産する少女はまだ未熟な産道や膣口が裂けて出血大量で多くの少女が死亡している。生まれた新生児も幼い母親の血の海の中で死亡している。春菜も自然分娩はできない。後進国や発展途上国の少女と同じ運命をたどる。世界保健機構の発表では20歳の女性を基準にすると、19歳~16歳までの出産した母親の死亡率は5倍、15歳~13歳はその5倍。12才以下はその数十倍と発表されている。発展途上国の危険なデーターは見逃されやすいから要注意である。春菜はまちがいなく最低でも帝王切開手術の厳しい出産になり自然分娩はできないと超映画評論家、前田有一さんも言っている。こんな危険な映画を作る事態が間違っている。14才以下の出産は1970年は9件だったが悪魔の教育となった性教育の影響で2006年は42件、2003年は「14才の母」の影響で43件に増えた。しかし出産した少女は中3の14才と中2が41人、中1が2件だった。小学生は0件だった。HISや厚生労働省の発表では、ここ十四年間、日本は小学生の出産はない。今後小学生の出産が起きれば「コドモのコドモ」は大変な事態になる。外国の低年齢出産はデマが多い発展途上国の情報は危険なのだ。11歳では性器が裂けて出血大量で死亡する少女が
多く問題になっている。身長135cm以下の春菜は間違いなく帝王切開手術の厳しい出産になり命にかかわってくる。春菜の出産の厳しさは前田有一さんのyou tubeの超映画評論でもはっきりと言っている。なお小学生では父親は精通の関係で世界中にいない。外国人は日本人よりも1年も精通や初経は遅れるからなおさら小学生同士の性交で妊娠、出産は無理である。この映画は設定から無理や危険が多すぎる。小学生の父親はまだ世界中に正確に確認されていない。最低でもPG-12が必要なのに。無制限なのだ。ミニシアター系の作品なので、子供がタイトルを聞くことすらないまま、ひっそり公開終了することを願うばかりだ。低年齢のセックスを美化すんなと言いたい。マスコミ試写会見たけどおなかの大きい小学生に吐き気がした。6年の娘にはとても、見せられないと思った。命の大切さ、よりもセックスのほうに興味が行く無いようになっている。事実八木先生の性教育の中に「セックス」という言葉が映画に出てきて子供が騒ぐ場面があるのだ。小学生には有害だ。できれば、PG-12かR-15あたりにしてほしかった。 子供の妊娠出産がよくないのは経済力がない。子供の時から働いてた昔と比べてもしょうがない。しかしそれ以上に子供の出産は非常に危険なことなのだ。 http://jp.youtube.com/watch?v=iwKbVfyjNBU
前田有一の超映画批評 - コドモのコドモ  これを聞けば、はっきりと小学生の出産がいかに危険なことがわかる。小5どころか小6でも安産は不可能なのだ。小6でも日本人は身長は平均145,9cm安産は不可能だ。女性ホルモンの分泌が活発になる中1になると生殖機能は発達し始めて、低身長でも出産できる体に近づいてくるが中1でさえ非常に危険なのだ。15才以下はハイリスク出産になる場合が多い。14歳は15歳の5倍のハイリスク13歳はその5倍以上のハイリスクといわれる。去年は14才以下の出産は43件あったが41件が中3の14才と中2で41件、中1は2件あった。小学生の出産は0件だった。14才以下の出産は激増しているが、ここ十数年間日本では小学生の出産は起きていない。 小学生は今は自然分娩できないから妊娠がわかればすぐに中絶か人口分娩で死産させるのだろう。小学生の出産が0が続いているのは、今は妊娠を見抜く技術の発達してきた。学校教育現場でも先生達は毎朝行う厳しい保健観察のチェックを行い、毎月、身体測定を行い養護の先生の厳しい性教育的な指導もある。小学生は隠さないからすぐに分かってしまうのだ。中学生からはズルく、賢くなるから見つけにくくなるから要注意だが中学生でもわかる確率は高い。しかし高校生はさらにズル賢くなり、危険度が増す。発見しにくくなるのだ。身体検査の日は休むがら学校ではわかりにくいが親はには、わかってしまう。いい大人が、ロリコンの犯罪意識刺激するような作品書くなよ。18才までの、ガキのSEXを推奨するのはやめてほしい。18才以下でSEXを覚えた人間の9割が、SEX以外の日常生活に身が入らなくなる。早熟だった女は、自分が結婚してようが三十路、四十路をすぎようが、相手が彼氏持ちだろうが、既婚者だろうが関係ナシで男を必死で追い回す。学生の時の思い出で一番強烈に残るのが『SEX』になってしまう。学生の時に経験するハズの、たくさんの健全な言動が、すべてSEXでかき消される。時間が有り余ってる学生に、SEXを覚えさせると、そればかりになる。学生の時の経験って、その後の方向性を形成するから、大人でも理性が飛ぶような事を、子供にやらせたらその先どうなるかは簡単にわかる。女は「何をさておきSEX」になる。恋愛体質じゃなくSEX体質になる。正直、若年でSEXを覚えた女は、その後、男を選んでいない。
中身も外見も関係なくて、SEXに惚れてしまう。とっかえひっかえなのに、末路はすべて悲惨だ。とにかく、学生にSEXする資格を与えてはいけない。法律で定めるべきだ。
結局「命の尊さ」なんて単なるお題目である。あえて害毒になりかねない余計なものを作って世に出す無神経さが許せない。今後「コドモのコドモ」を痛烈に非難していこう。ここ14年間も起きていない小学生の出産が一件でも起きると大変な事態になる。

新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
ケータイ小説の中には小学生や幼稚園児、何と5歳の幼女までセックス、レイプ、出産のことが、これは本当にあった話です。という 書き込みから始まる恐ろしい過激な小説もある。ケータイ小説のヒット=映画化は幼稚園児や幼女のセックス、妊娠、出産まで描く恐れがあり去年の「恋空」は高校生だったが、今度は「赤い糸」は中学生と年齢が低下しているのが不気味なのである。 理解しずらい。映画の本みて言った情報?キワドイシーンが多くあるって事。 理解しろという前に、映画関係者の説明がわからない。「映画の本」って何だ? 映画用の脚本のことか? それとも、映画雑誌での前宣伝か? 出典というか、根拠・論拠を明示もない。 それと、「きわどいシーンそれ自体のの有無」も問題だが、ああいう無内容な、馬鹿な未成年男女の性にからんだ話をいくら内容を割愛しようとも、映画やドラマに掛けるべきか?という根本の問題もある。「14才の母」を大きく上回る超問題作となった中学生ドラマ。TBS「恋空」日テレ「学校じゃ教えられない」が保護者から子供に見せたくない番組ベストテン入りして過激すぎて高校生のセックスや妊娠がテーマなものは夏ドラマから低視聴率にあえいでいる。古くさい昔の昭和学園ドラマ路線の「ごくせん」が高視聴率をマークしているのは皮肉である。テレビや映画制作者は今は保護者が子供に見せたくない番組に指定するドラマはどんなドラマかよく考えないと今後は映画はおきゃくさんがはいらない。テレビドラマは視聴率が上がらないのだ。「赤い糸」は義務教育の中学生のセックス、妊娠、飲酒、喫煙、ドラッドを描いた作品だけに制作取りやめの声が高まっている。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」11

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 8月29日(金)11時22分33秒 ntehme011245.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  小学校5年生出産映画「コドモのコドモ」には大きな無理がある。小学生同士の性交では妊娠ができないのは女子よりも第2次性徴が1年以上も遅れる男子にある。
http://www.kobekids.net/tokumei.html
日本人の平均精通は12歳10か月で外国人よりも1年も早いがそれでも98%が中学生で精通を迎える。
http://shincho.roratio.com/2006/06/post_12.html
中学性男子平均身長である。 精通は小学生では身長が155cmを超えないと普通は起らないといわれる。小学生では身長160cmの男子でも起こらない場合が多い。中1になると身長に関係なく睾丸(精巣)からの男性ホルモンの活動が活発になり身長の低い男子も起きる。小学生で135cmのヒロユキに精通が起きるのは無理な設定。小学校卒業時は男子で精通しているものはわずか3%だが中1で70%、中2で89%、中3で99%になり女子の初経率97%を超える。精通は中学生では身長に関係なく起きてくる。1%は高校生で起きる遅発精通、女子は3%は高校生で初経が起きる遅発月経であるが無月経の恐れがあるので遅発月経や遅発精通の人も普通は医者に行く。早発精通はホルモン異常で起こり低身長の基になるので親は医者に普通は連れていく。低年齢すぎれば今は身長を伸ばすホルモン注射を受けることができるが昔はそのままだった。ただしこのホルモン注射も副作用の問題があり今でも早発初経や早発精通で低身長になる恐れのある子でないと受けれない。健康な普通の子は受けることができない。早発精通の子供は1000人に一人以下しかいない「コドモのコドモ」の設定がいかに無理があるかがわかる。ヒロユキ役の川村悠椰君は、現在中1だが身長はまだ142cmでまだ精通はない可能性が高い。撮影時は小6であり、135cmだったので精通は無理である。このような子供は中1後期か中2で精通が起きる晩生タイプである。「コドモのコドモ」は役者にも無理な設定で性交をやらせ妊娠、出産させていることがわかる。「コドモのコドモ」は春菜よりもユロユキの問題のほうが大きいのである。「コドモのコドモ」では小5になれば全員が生殖機能を持つと臨時PTA総会で話合れているから性教育的にみても、とてつもない異常な世界である。小54月10歳同士のセックスでは男子のほうに精通ができていない問題があり妊娠はできない。一回の性交で妊娠は成人女性でさえ30人に一人である。春菜のような子供は500人に一人である女性は初経があってもすぐに妊娠はできない。初経後10か月の期間がいる。春菜のように小41学期に初経のある子は500人に一人のレアケース。ここから男性のセックスパートナーが中学生以上の大人の場合30×500=15000人となる。15000人に一人しか男の中学生以上の大人がセックスパートナーになっても春菜のような妊娠は起こらない。しかしこれに小5男子のヒロユキの確立をかけると妊娠確率は果てしなく0件になる。日本最大の青少年の性研究所HISに問い合わせても小学生同士の性交で妊娠したケースはないということだった。女子の場合は小学生でも中学生以上の大人がセックスパートナーならレアケースで妊娠は起きるが、ここ十数年間も日本では小学生の出産は14才以下の出産が激増しているにも関わらず出産した少女は全員中学生である。小学生の出産は0件なのだ。小学生の出産は最近は全く起きていないのに、なぜ映画化するのだろうか。小学生の出産は起きていないのに映画スタッフが言うように『コドモたちだけの出産という衝撃的なテーマから、性と生命、友情、家族、教育など様々な疑問を投げかける』と言うことは無理である。できないのだ。じゃ映画会社の目的は何なのか?これは中学生の出産ではインパクトがなくなり「小学生の出産でないと興収入があげられない」と見込んだので描いたものだろう。映画スタッフの陰謀が見えてくる。今日も昨日に続き有名人の無理やり美化のくだらないコメントを叩いていこう。

>こどもって、いっぱい不思議な力を持っていて、たくさんの事を考えて、すごい行動力に満ちている。そんなこどもの無限の可能性を、かつてこどもだった大人は知っているはずなのに、いつの間にかそれを見ない事にしてしまう。この映画にはその事の両方が、潔いほど気持ち良く描かれていました。まさか、自分はそんな大人になってはいないだろうねと、思わず我が身を振り返ってしまった…。
――志尾睦子さん(映画館「シネマテークたかさき」支配人)

確かに子供は、いっぱい不思議な力を持っていて、たくさんの事を考えて、すごい行動力に満ちている。そんなこどもの無限の可能性を、セックスして子供を作り親に隠して子供だけで出産という命が完全になくなるとんでもないことをするのは許されない。大人もかつて子供だった。しかし昔の子供達は小学生時代にセックスして子供を作るバカな真似をした子供はいない。この映画には子供達の悪いことが正義に描かれており、間違ったことを美化されては困る。こんな映画を言い映画という大人のほうがどうかしている。命にかかわる小学生の出産を美化して子供達は偉いと称賛する。志尾睦子さんはおかしいです。


>こども達のみずみずしい演技が印象的でした。
生命の誕生はどのような形であれ、感動を与えてくれます。
――田万由子さん(女優・タレント)

子供達は子役でもプロですから演技は上手で当たり前です。しかし、生命の誕生はどのような形であれ、感動を与えてくれます。という言い方がおかしいです。小5だけでなく幼稚園児、保育園児、さらには幼女の出産でも、生命の誕生はどのような形であれ、感動を与えてくれます。といえますか。言っていることがおかしいでしょうが、田万由子さん

>まっすぐな気持ちは、人の心を動かす原動力。
――ちはるさん(タレント)

小5の出産は現実なら子供達の手だけなら命はありません、こんな危険なことを、まっすぐな気持ちは、人の心を動かす原動力といえますか、ちはるさん。

>おかあさんに抱っこされた時の春菜になってみた。そしたらコドモの考えてることって純粋な意味で正しいなって、嬉しくて、胸がギュッとした。
――長島有里枝さん(写真家)

おかあさんにまだ抱っこされるような春菜が小5で子供を産み命は出産状況からは全くない。こんな危険な行為をしている子供達をみて、コドモの考えてることって純粋な意味で正しいなって、嬉しくて、胸がギュッとした。と言うのは長島有里枝さんおかしいですよ無理やり美化するからコメントがおかしくなるのです。

>人は一つの命であるが
同時に 命を前にしたとき
それぞれの真の価値を試されるのだ
――名越康文さん(精神科医)

人は一つの命しかありませんよ。そんな大切な親から授かった命を粗末にするような行動が、真の価値を試されるのだ。となるのはおかしいですよ。新しく誕生した命も春菜とともに現実の世界では即死するようなことをすることは駄目じゃないですか。

>本作品では小学校5年生の女の子の出産というショッキングな題材を、子役達が伸びやかに演じてくれている、と思う。はりきってはいるが、子ども達の心をとらえきれずにズレまくる新人先生役、麻生久美子の演技もいい。
しかし、学校現場で5年間校長をやっていた人間としては、むしろ、この問題作の撮影を可能にさせた、能代市長と教育長の勇気に敬意を表したい。
――藤原 和博さん(前・杉並区立和田中学校・校長)

本作品では小学校5年生の女の子の出産というショッキングな題材を、子役達が伸びやかに演じてくれている、寓話ファンタジーで「14才の母」の何倍も思いテーマがこんなに軽く扱われていいはずがありません。はりきってはいるが、子ども達の心をとらえきれずにズレまくる新人先生役、麻生久美子の演技はいいが。現実離れの教師となってしまいました。現実の教育現場は非常に厳しく八木先生のようなことはできません。モンスターペアレントもこのドラマにはいません。いるのは普通の保護者です。「14才の母」の遠藤先生のように現実は厳しいのですよ。私も学校現場で11年間校長をやっていた人間としては、問題作の撮影したスタッフ、能代市長と教育長の気持ちがわかりません。ここ十数年間も小学生の出産は起きていないのですよ。起きていない問題にもなっていない小学生の
出産を描くこと自体がおかしいでしょうが。同じ元学校長として気持ちがわかりません。

葉ずれの音がする木のうえで芽生え、 土の匂いのする場所で育まれたコドモが、 雪のなかでこの世界に飛び出してきた、その瞬間!
頭でっかちな理屈を吹き飛ばす原始的な命の力が、 スクリーンから確かに伝わってきました。
―― 細谷美香さん(映画ライター)

これが結婚して健康な成人女性から望まれて生まれてくる子供ならあなたの言っていることは計ります。しかし小学校5年生で出産には身体的な無理のある小学校5年生の出産は納得できません。映画の内容からは細谷美香さんあなたの言っているように、頭でっかちな理屈を吹き飛ばす原始的な命の力が、 スクリーンから確かに伝わってきませんよ。逆に子供達が大切な人の命をもてあそんでいる様子しか伝わってきませんよ。


>萩生田宏治監督は、しつこく、ていねいに、最後の最後まで難しい理念と真摯に向き合い、ひとつの大きな感動を結晶させた。「真面目」という言葉がどこまでも似合う映画。
――森直人さん(映画批評、ライター

映画だから漫画と違い言葉使いを乱暴な口調から優等生口調に映画では変えていましたが結論は全く同じです。しつこく、ていねいに「真面目」に作り上げることは逆にリアル的であり小学生らしい言葉使いではないのでさらに現実離れを起こして森直人さんの言うように「真面目」という言葉がどこまでも似合う映画には全くなっていませんよ。

前田有一産の言っていたリナメディナをはじめ古い記録はみんな抹消された。リナ・メディナ出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: ナビゲーション, 検索リナ・メディナ(Lina Medina、1933年9月27日-)はペルーのポーランジェ出身で、5歳7か月21日という医学史上最年少で子供を出産した女性。低年齢の出産記録は様々あり、1910年に清において父親9歳、母親8歳という家族が誕生した。その後1930年にはソビエト連邦において、6歳の少女が母親となった。その記録も1939年にリナの記録により覆され、現在も破られていない。かつてはギネス・ワールド・レコーズ(旧ギネスブック)に「世界最年少で子供を出産した人」として記録されていたこともあったが、現在はその項目自体が存在しない。 今はリナメディナなどは幻のような存在なのである。

映画「コドモのコドモ」は小学生の出産を完全に美化して小学生にフリーセックスのすすめの映画であり、小学生の性の価値観や性のモラルを完全に大きく低下させている悪質な映画である。今後も新しい「コドモのコドモ」公式HPにコメントが入ればすぐに批判論をかきます。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
 中学生の激しい性描写、飲酒どう描く?ケータイ小説映画化「赤い糸」主演決定!6月24日15時30分配信 シネマトゥデイ拡大写真フレッシュなイメージの主演の南沢奈央と溝端淳平 - (C)2008「赤い糸」製作委員会「恋空」と並ぶ伝説のケータイ小説として、延べアクセス数は1600万人を超え、書籍も180万部売れているという「赤い糸」が映画化され、主演を南沢奈央と溝端淳平が務めることが発表されたが、そのフレッシュな二人のイメージとはかけ離れた、原作の性描写や暴力、犯罪などをどう描くかに注目が集まっている。赤い糸」はフジテレビ系で12月にテレビドラマとして放送スタートし、映画は12月20日より松竹配給で公開されるというクロスメディア形式。しかし、心配なのが原作をどう映像化するのかだ。原作はケータイ小説ということもあり、かなりのタブーに挑戦している。中学2年生が飲酒、喫煙、性行為を繰り返す。しかも性行為の描写はあまりにも赤裸々。これをテレビでそのまま映像化するのは難しいだろう。また、さまざまな方面からの苦情も予想される。恐らく、その部分は映画で表現されるのだろうが、主演の南沢奈央はまだ17歳。かなりの体当たり演技になることは間違いないだろう。主演に抜擢された南沢奈央は、「不安でもありますがとても楽しみです。今しかできない純愛作品を精一杯作りたいです。見て頂いた方にも『赤い糸』はきっとあると思って頂けるような、心に残る作品にしたいです。がむしゃらに頑張ります!」とコメントしているが、相当な覚悟を決めてのことだろう。この「赤い糸」も大問題になってきた。「14才の母」とは比べ物にならない過激な性描写かあるのだしかも中学生の14才の性描写セックスシーンは犯罪になってしまう。大人の男性だと強姦罪、女性では猥褻罪となり未成年者が木のセックスをいくらケータイ小説で人気があるといってもこれは大きな罪である。激しい露骨なセックスシーンや妊娠や中絶、未成年者の飲酒や喫煙と中学生が今大きな問題になっていることばかりでこれは真似をする中学生が続出する危険性があり、中学生の性経験者を激増させ中学生の妊娠の激増やエイズ、STD性感染症を蔓延させて子供が作れない体になってしまう恐れがある。日本のリーダーが弱い時はジェンダーフリーやフェミニストが猛威をふるうといわれているが本当にその通りだ小泉総理大臣のときはこんな不適切な映画やドラマはなかった安倍総理大臣になってから「14才の母」がテレビ放送され福田総理大臣の時代になり「恋空」「コドモのコドモ」「赤い糸」と不適切な映画やテレビドラマが多くはやっている。この事態を打開するのは日本政府だが今の日本政府は全く頼りない情けない限りである。「赤い糸」は中学生の性の価値観や性のモラルを低下させて中学性をフリーセックスに導いている。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」10

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 8月28日(木)10時58分43秒 ntehme008030.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  コメントは一般人には遅れないようになっている。バカげた教育評論家 児童文学作家の「コドモのコドモ」美化をするバカげたコメントがまた入った。ないこのコメント欄に寄せられた有名人のコメントは全員がジェンダーフリーやフェミニストで七聖養護裁判にも著名しているメンバーなのである。ジェンダーフリーのバカげた評論家たちのコメントを今後まとめてぶったぎっていこう。今日はパート1である。

http://kodomonokodomo.jp/comment/index.html
有名人のコメント欄
http://shincho.roratio.com/2006/06/post_13.html
日本人の小学生の平均身長。
http://jp.youtube.com/watch?v=iwKbVfyjNBU
前田有一超映画批評 - コドモのコドモ なお前田有一さんの評論でも出されたリナメディナの5歳7か月の記録など10才以下の低年齢記録はみんな抹消された。70年も前の記録で子供も生存していないのである。ロシアも6歳から12歳に出産記録は跳ね上がり正確な記録ではロシアとウクライナの小6の母が世界最年少の母ですロシアの場合は父親は中学生、ウクライナは大人の叔父です。小学生の父親は中国の8歳と6歳の夫婦の記録も抹消されて小学生の父親は世界で一人もいません1989年に放送された「愛の矢車草」のような小6の父も世界中に確認はありません。外国人は体は大きくなるので初経や精通は日本人よりも平均1年以上も遅れるのです。小5の4月初めの10才の小学生同士の性交で妊娠は設定に完全な無理が生じています。

5歳 - 110.7cm 109.9cm

6歳 小学1年 116.6cm 115.8cm

7歳 小学2年 122.5cm 121.7cm

8歳 小学3年 128.2cm 127.5cm

9歳 小学4年 133.6cm 133.5cm

10歳 小学5年 139.0cm 140.1cm

11歳 小学6年 145.1cm 146.9cm

出産が自然分娩できるには前田有一さんのコメントにもあるように十代前半は最低身長は145cm以上ないといけない。また骨盤が十分に広がるには身長は148cmはないと危険である。日本人の平均身長を調べてみると小5どころか小6でも安産は不可能である。中1になると生殖機能や骨盤は発達してくるので小柄でも出産可能に近い体になるが15才以下は依然ハイリスク出産になる。1970年14才以下の出産は9件だったが最近は性教育が逆効果を起こして2006年は42件、2007年は43件に増えた。日本でも小学生の出産は平成時代には2件あった(14年前に小5の出産、父親は叔父だった。16年前の小6の出産、父親は高校生だった)どちらも帝王切開手術になり大変だった。しかし日本では14才以下の出産が増えているにもかかわらず小学生の出産は14年間も起きていない。小学生の出産は超レアケースで問題に取り上げるほど深刻にはなっていない。2007年の43件の14才以下の出産は14才の中3と中2で41件、中1が2件だった。小学生の出産は0件だった。小学生の出産は起きていないのになぜ小学生の出産を取り上げた映画を作るのか不思議である。目的が「14才の母」のようにしっかりしていないのと現実とドラマが向き合っていないことも問題である。今後一件でも小学生の出産が報告されると「コドモのコドモ」は大変な事態になる。

>生命が胎内に宿り、誕生していく過程を見守りながら、生の根源的な意味を感じとり、豊かな人間関係を育んでいく子どもたちの友情のスバラシサ。その成長ぶりに、爽やかな感動を覚えた。
――漆原智良さん(教育評論家 児童文学作家)

小5の少女の生命が胎内に宿り、誕生していく過程を現実的に考えていない。現実の世界なら小5の春菜は命はなくなっている。こんなドラマで、生の根源的な意味を感じとり、豊かな人間関係を育んでいく子どもたちの友情のスバラシサ。その成長ぶりに、爽やかな感動を覚えるのはおかしいでしょうが、無理やり美化するとますます現実離れしていきますよこのドラマは。

>「コドモのコドモ」=「コドモのチカラ」です。私はとても感動しました。どうぞ先入観や道徳という物差しで論じないでください。屈託のない、自由で、素朴な子どもたちの力が、今の日本に何より必要ですから。
――大竹洋子さん(東京国際女性映画際ディレクター)

小学校5年生が子供達だけでマイナス6度C体感温度がマイナス20度Cにもなる能代市で出産すれば健康な成人妊婦でも母子ともに死亡します。小5で身長135cm足らずの春菜は母子ともに即死です。古い小屋では感染症の危険もある。子供達だけの出産は不可能です。産婦人科医師が激減しているのは出産は危険だからです。このことを考えずに、「コドモのコドモ」=「コドモのチカラ」です。私はとても感動しました。という言い方はおかしいです。「どうぞ先入観や道徳という物差しで論じないでください。屈託のない、自由で、素朴な子どもたちの力が、今の日本に何より必要ですから。」ここは大竹洋子さんの考えはどうかしている。小学生でセックスして妊娠して子供を作ることが屈託のない、自由で、素朴な子どもたちの力となるということになる。とんでもないことだ。今の日本に何より必要なことではない。このような社会に名怜奈日本はとんでもないことになるのだ。

>映画は教科書ではないし、主張を伝えるだけの道具ではない。『コドモのコドモ』を観る前に抵抗を感じるなら、それは大人たちの問題だと思う。この映画には、コドモたちの明るい未来と、明るく感じられない大人たちの反省が描かれている。結局、帰り道にいろいろと考えてしまう。だから、映画はおもしろいのだと思う。
――梶原俊幸さん(映画館「横浜シネマ・ジャック&ベティ」支配人)

小学生でセックスして子供を作ることがコドモたちの明るい未来と成るはずがないだろう、ふざけるな。明るく感じられない大人たちの反省はどこにも描かれていないよ。異常な大人たちの姿は描かれてはいたがね。。『コドモのコドモ』を観る前に抵抗を感じるのは普通の大人だし、子供に似せたくないのも親心だ。「子供に見せたくない映画NO1」が「コドモのコドモ」なのだ。子供達の未来を明るく考えない父親や母親がどこにいる。親の身になって考えろ。

>小学5年生の子供たちによる、崇拝すべき、しかし衝撃的な反乱だ。子供たちの社会は無限の可能性を持っており、大人たちよりも柔軟な判断力を持っている。大人たちは子供時代を経験しているにもかかわらず、みんな、そのことを忘れてしまっている。
『コドモのコドモ』は、大人たちが忘れてしまった世界を、最初は衝撃を持って明らかにし、ラストは共感へと導くのである。
――キム・ジソクさん(釜山映画祭ディレクター)

確かに小学5年生の子供たちによる、崇拝すべき、しかし衝撃的な反乱だ。子供たちの社会は無限の可能性を持っており、大人たちよりも柔軟な判断力を持っている。しかし小5で妊娠して出産することは。衝撃的な反乱にもならないし、子供たちの社会は無限の可能性を持っており、大人たちよりも柔軟な判断力を持っていることとは逆でありコドモは恐ろしいものであることになる。命を捨てる真似を平気で行うことをやっているからだ。昔の大人が小学生で子供なんかは作るようなバカげた真似はしない。『コドモのコドモ』は、大人たちが忘れてしまった世界を、最初は衝撃を持って明らかにし、ラストは共感へと導くのである。という言い方はまったく理由になっていない。

>11歳という年齢で子どもを産むのは、あまりに酷な話です。小学5年生というまだ子供時代で経産婦になってしまうのは、 これからの人生を考えたらあまりにも重過ぎる事実です。今後立ちはだかる重い問題を先延ばしにした、 和気藹々としたラストにはこれでよいのかという疑問が残ります。なによりこの題材は、あまりにもスキャンダラスです。
しかし、この映画には、ほんとうに大事なものが詰まっています。 私たちは大人になるにつれ、社会的通念とか観念にしばられてしまうけれども、 本来、子どもが出来るということは、とても自然なこと。
命というものはつないでいくものであり、大切なものだということ。 そのことを、長い人生を経てきたからこそほんとうに分かっている「老人力」と、 ”ありえない”ということが分からないからこそ、 観念にしばられずに新しい命の尊さを感じることができる「子ども力」が、 この映画の中で証明してくれています。私たち大人は、もう一度、思い出さないといけません。 生命とは授かるものであり、授かったならば祝福されるべきものであり、 子どもは宝である、と。
――見城美枝子さん(青森大学教授・ジャーナリスト)

小学生では安産は小5どころか小6でも不可能なことが小学生の身長や体重からもわかるはずです。小学生は中学生と違い体格が良くても生殖器自体はまだ未発達で安産は不可能です。 本来、子どもが出来るということは、とても自然なことですが小510歳同士のセックスで妊娠、出産では無理がありすぎ、命というものはつないでいくものであり、大切なものだということは感じられません。こんな映画で ”ありえない”ということが分からないからこそ、 観念にしばられずに新しい命の尊さを感じることができる「子ども力」が、 この映画の中で証明してくれていますと美化するのはおかしいです。春菜は現実の世界では死んでいるのですよ。危険なことをこの映画の中で証明してくれています。私たち大人は、もう一度、思い出さないといけません。 生命とは授かるものであり、授かったならば祝福されるべきものであり、 子どもは宝であると無理やり美化するからおかしくなるのです。

>子供たちに不思議な存在感がある。地に足が着いていた。
生命に向き合う時、そこに畏れと歓びがある。
子供たちはそれを全身で受けとめていた。
――小林キユウさん(写真家)

現実なら命がなくなる小学生の出産を生命に向き合う時、そこに畏れと歓びがある。と美化できますか。子供達に危険なことを伝えて子供達は実行する恐れもある映画です。子供たちに不思議な存在感がある。地に足が着いていた。子供たちはそれを全身で受けとめていた。と美化ばかりするのはロリコン思考の人の考え方で危険です。無理やり美化するから意見がおかしくなっているのです。

明日コメント欄パート2を書こう。

◆ 新たな「14才の母」以上の超問題作「赤い糸」中2が激しい性描写、セックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)暴走など中学性の過激な行動がいっぱい。
あまりにも不適切なドラマで義務教育中の中学生に及ぼす影響を考えていないと大きな非難が出ている。
 ケータイ小説 赤い糸は、中学生の芽衣とアツシのラブストーリー。総アクセス数1600万件というとてつもない数字をたたき出していますが、書籍の方も、恋空を上回る発行部数だったみたいですね。ただ、アマゾンのレビューでは相当叩かれています→blog ranking描写がエグイらしい^^;4~5冊出ていましたが、平均☆マークは1個・・・。内容が突拍子もなさ過ぎるし、主人公が中学生なのに、過激な描写が続くみたいです。無料で読める携帯の中でならまだしも、お金を出してまで買う必要はないらしいですよ(笑)あんまり過激なのは、お茶の間の反感を買うと思うので、映画やドラマでは、その辺は考慮して製作してほしいですよね。ドラマか映画かは分かりませんが、すでに撮影は開始されている様子。いくらヒットしていてもケータイ小説を映画やドラマ化するのは危険性がある。「恋空」では高校生のセックス、妊娠、流産、喫煙が描かれていたが、「赤い糸」はさらに低年齢化させロケも静岡県の中学校で行いまた義務教育中の中学生のハードなセックス、妊娠、飲酒、喫煙、麻薬(ドラッド)を描くのである。このようなケータイ小説は小学生や中学生の性を暴走させ子供に性経験を激増させてセックス漬けにするばかりか幼稚園児や幼女の性まで暴走させる恐れがある。ケータイ小説のヒット作の映画化、テレビドラマ化は非常に危険である。最近ではテレビドラマ「学校じゃ教えられない」で高校生の妊娠、中絶が普通のように描かれ非難が出てテレビドラマの低視聴率の基になっている。今の日本は性教育がはじまってから小学生がひどく性の価値観をなくしてしまい中学生、高校生と世界一性の価値観や性のモラルの低い国になってきている。 「コドモのコドモ」「靖国」にも負けない超問題作となってきた「赤い糸」日本の将来は真っ暗である。

http://

 

世界に衝撃、世界中の子供達の青い性を喰う悪魔の映画、世界初、小学生出産映画「コドモのコドモ」9

 投稿者:評価 大志尊徳  投稿日:2008年 8月27日(水)10時47分23秒 ntehme041030.ehme.nt.adsl.ppp.infoweb.ne.jp
返信・引用
  今日の愛媛新聞「ヤング落書き帳」コーナーに非常に危険な中学1年生の恋愛記事が掲載された。危険な中学1年生の恋愛記事そのまま転載。

=告白されたいけど騒がれたくない ラブ(13)=

私には、好きな人がいます。その人は同じクラスでとても人気があります。いつも休み時間には男女を問わず、その人をたくさんの人が囲んでいます。私は暗い方ではないのですが、その人の前では顔が赤くなっているような気がします。そうして、しゃべれなくなるのです。私は、気持ちを伝えたいのですが、みんなに騒がれるのが嫌だし、同じクラスだからふられたら、今までのように話せなくなるのはと心配です。皆さん何かアイデアください。(宇和島市・女子)

○ 宇和島市の中学校は非常にきめ細かい指導が生き届いていて、宇和島市の先生たちは今日の「ヤング落書き帳」の恋愛記事に信じられないという感じである。中学1年生の恋愛記事は高校生の恋愛記事の何倍も危険なのだ。宇和島市は性のハードルを下げないように宇和島南中等部、城東中学校、城南中学校、城北中学校、宇和海中学校、津島中学校、吉田中学校、広見中学校、日吉中学校、松野中学校の生徒指導部は連携して取り組んでいるが、宇和島市は今回の件に関して夏休み明け早々に厳しい調査を行うようになった。ラブという中学1年生は「告白されたいけど騒がれたくない」をヤング楽楽長に投稿すること自体が逆に大騒動になり返信が来て騒がれるようになるのにタイトルからおかしいのである。騒がれたくなければ静に黙っておかないといけないはずだ。危険な中1の恋愛記事に宇和島市は大騒動になってきた。

理由にならない有名人たちのコメントがコメント欄に書き込まれ突っ込みどころ満載である。

>おかあさんに抱っこされた時の春菜になってみた。
>そしたらコドモの考えてることって純粋な意味で正しいなって、
>嬉しくて、胸がギュッとした。
――長島有里枝さん(写真家)

まだお母さんに抱っこされるような子供がセックスして子供を作ることが純粋で正しいのですか? 長島有里枝さんあなたは大きな勘違いをしていますよ。小学校5年生で子供を産めば出産は少女の命にかかわります。第13話の「心臓」の部分はこれは現実なら春菜と新生児の死の音になり「ぞ」としますよ。純粋な意味や嬉しくて、胸がギュッとする場面は全くないですよ。「14才の母」の何倍も思いテーマを寓話ファンタジーで軽いテーマにしてしまう事態が間違っています。

国会中継の参議院議員予算委員会で妊婦の話が出た。今は妊婦であることのマークを付けることができる。妊婦には気をつけないといけない。増添厚生労働大臣、の答弁はこうだった。「電車で重いものを持っていたら助けて持ってやる。妊婦は重いものを持っただけで流産が起きるケースがある。妊産婦がたっていれば席を譲り座らせてやる心遣いが大切である」と言う増添厚生労働大臣の答弁があった。「コドモのコドモ」の世界はどうだろうか、一番危険な小学生の妊娠を隠して流産が完全に起きることを妊婦春菜は平気で行う。こんな映画は「命の大切さ」を伝える映画ではない。逆に子供への危険なメッセージである。萩生田宏治監督はこんなことさえ気がつかなかったのだろうか?萩生田宏治監督はジェンダーフリーなのだ。冬の能代市は氷点下にも冷え込んでしまう。冬の能代市の厳しい冬は私は現地に旅行などで5回も行っておりよく知っている。冬は寒波がよく来る。寒波が来た時は日本海側なので大雪になるのだ。1m以上の積雪にもなる。このような状態では健康な安産できる成人女性でさえ流産をしてしまう。春菜のような小学生では出産どころではない。春菜も子供も命はなくなる。また春菜のような小学生の場合は子供を無事出産で来きない。未熟児になるケースが非常に多い。春菜のように健康な赤ちゃんは成人女性のようには産めない。春菜の場合はいくら安産で来ても、未熟児になる。2500g以下の新生児でさえ小児科医の治療が必要となるのだ。小児科的な治療は子供たちにはできない。素人の手には負えなくなるのだ。本当の現実では、このような古い小屋では冬の能代市では子供だけでは出産させるのも子育ても無理だ。子供も赤ちゃんも凍死してしまうのだ。このような映画を日本中の多くの小学生が多く見て本当の世界と錯覚した
場合が怖い。おばあちゃんは春菜に「人の体はうまいことできているもんじゃよ赤ちゃんを産めない体に赤ちゃんはできんよ」というおばあちゃんの言葉にも無理がある。小学生に友情を教えるならスポコン映画のほうがいい、また子育ては明らかに無理がある。同い年の5年生の身無子が困って春菜の小屋に住み5年1組の学級の子供達に世話をしてもらう話なら、ある程度、無理なくドラマは作れるがたとえ5年生の同級生の身無子の世話でも冬の能代市では極寒地獄となり無理なのだ。まして赤ん坊の世話は果てしなく無理だ。ジェンダーフリーやフェミニストたちは早期性教育こそが性を正常化させると主張するが今の日本は性教育は大失敗して大変な状態だ。性教育の大失敗に加えて「コドモのコドモ」は映画なので「14才の母」とは比べ物にならない過激な性描写に自然になっている場面は多くある。「コドモのコドモ」は分析すればするほど。小学生の純真な心を破壊して人格破壊をおこさせ性の対象を中学生から小学生におろさせてしまい小学生の性を晒してしまう怖い映画だ。「コドモのコドモ」は「14才の母」のように「親子で性につ
いて考えてみませんか」は通じない。多くの保守系の学校が大半を占めていて大きな反発が起きる恐れもある。また「命、友情、子供の成長」はこのような形では伝わらない。危険なばかげたゲームをやる子供達の姿は映らない。「命の大切さ」なら動物物語「マリと子犬の物語」のほうがはるかによい。友情や子供の成長を見るなら「巨人の星」や「アタックNO1」のスポコン映画のほうがはるかに小学生には伝わる。「コドモのコドモ」は完全な駄目作品になっている。リアル高校生からリアル中学生今度はリアル小学生へと性のハードルを下げようとしているビターズ・エンドやピクニック等、制作映画会社は許せない。春菜の妊娠を唯一知っているお婆ちゃんが亡くなって春菜の妊娠はまた子供たちだけの秘密になってしまった。冷え込んでいる小屋にいる、春名、美香、珠、ヒロユキ、ブタマン、ミツオはお婆ちゃんが話してくれて大人も納得してくれると信じ込んでいる。これはひどい現実離れだ。「14才の母」の智志の母のように「人と変わって若年出産すればまわりの大人の目は冷たく赤ちゃんを抱いて外を歩いても、あらかわいいわねと寄ってこない、みんなが認めてハピーエンドになるとでも思っているの世の中はそんなに甘くないわよ」と言う智志の母の言うことが、これまで私も多くのケースを見てきたが現実だ。年齢が現役の高校生さえ出産すれば周りから冷たく見られるのだ。このドラマは、おとぎ話のSFの世界で漫画を読んで粗筋がわかるほど現実ばなれというよりもSFの要素が強い駄作だということがわかる。どうしてこんな漫画を映画化して能代市長や能代市の教育長が言うように「命の大切さや、友情や絆、子供の成長」が感じ取れるのだ。臨月になっていくら小学校5年生でも娘の妊娠に気がつかない親はいない。先生たちも臨月で妊娠に気がつかな先生はいない。大人がみんなどうかしているのだ。また生まれてくる子供は春菜や生まれてくる赤ん坊の命を大切にしていると勘違いすると大変なことになる。これは危険なゲームのようなことなのだ。能代市は冬は日本海側に面しているせいもある厳しい寒さと雪が多く積もる雪の降る中での出産は子宮収縮を起こし安産できる健康な成人女性も流産してしまう状態になる。小学生の春菜は母子ともに死亡する。またあとで出てくるが性教育的にも大きな誤りがある、性教育は子供が作れるようになった時に行う教育、みんな小学校5年生になれば精通が起こり子供が作れる体になるという大きな勘違いの部分が漫画の中にある。小学校5年生では男女合同宿泊研修をやらせる学校が多くあるが宿泊研修で性交を性教育で習い性交ごっこしていたという苦情は多く届いている。みんな妊娠しなければいけないのか妊娠は起こっていない。小学校5年生では5月でも精通のある男子は確認されていない。初経は1000人で35人程度確認されているが半年前の小4の初経は確率はさらに低くなる。春菜は500人に一人のケースである。ヒロユキは1000人に一人以下1回の性交での妊娠は0%になる。ドラマが後半のクライマックスに進むにつれて現実と矛盾点が多く出ている。性教育的な無理が描かれている面も指摘しないといけない。小学校5年生の出産は場所は不正確だが14年前、鎌倉で1件ある。小6の出産は場所は不明だが16年前に一件あるしかし小5の母の父は大人の叔父であり小6の母の父は高校生であり性交を何回も重ねていた。1回の性交では大人でも4月の5年生の段階では受精の方程式で起こりにくいのだ。ヒロユキのような同級生の男子では女子よりも第2次性徴が1年も遅れる女子以上に無理があり小5同志の1回の性交では妊娠の可能性は果てしなく0%にになる「14才の母」のケースでは受精の方程式では800人に一人の確率でレアケースではあるが起きる、日本中の中学生女子の数から割り出すとそれでも大変な人数になるが現実は2006年は14才以下の出産は42件、2007年は43件、出産した少女は全員中学生で小学生の出産は0なのである。こんな状態では「14才の母」のようにレアケースを集めて「ドキュメント コドモのコドモ」をやればひどいレアケースの紹介ばかりになり大笑いになるだろう。映画を見ているものは納得がいかず、こんなくだらない映画で来年からは性の対象が中学生から小学生に下がり性のハードルも小学生のおろされることは多くの良識ある保護者がだまっていない。「コドモのコドモ」は直接に性教育やジェンダーフリーがテーマに入り性描写も漫画道理だと「14才の母」とは比べ物にらない過激なシーン満載で大変なことになる。小学生よりも高いレベルの漫画を映画化すること自体にも大きな無理がある小学校5年生で男女合同宿泊をする小学校が今でも多くあるが「コドモのコドモ」により、保護者達に「小学校5年生でも性交して妊娠の危険性がある
がどうしてくれる」という苦情が多く出て大パニックになっている。いくら教師たちが「コドモのコドモ」に書かれている性教育的な間違いを指摘しても聞かない。「コドモのコドモ」では小学校5年生になれば全員が子供を作れる能力を持つようになることが描かれているがこれは、性教育的にも大変な間違いなのだ。小学校5年生の3学期でも精通している児童はほとんどいないのが現状なのだ。全国で男女合同宿泊を小学校5年生で行う小学校の先生たちはモンスターペアレントのような保護者に叩かれている。「コドモのコドモ」は「14才の母」とは違い直接教育現場を混乱させるもとにもなってきて「14才の母」とは比べ物にならない社会的にも教育現場にも直接影響を大きく及ぼす超問題作になってきた。「コドモのコドモ」は「いやなら見せなければいいだろう」では済まない大きな問題点が出てきたのだ。もう小学生や中学生が出産するテレビドラマや映画はスパット規制して制作しないことだ。多くの良識ある保護者がだまっていない。「コドモのコドモ」は直接、過激な性教育やジェンダーフリーがテーマになっており性描写も漫画道理だと「14才の母」とは比べ物にらない過激な性描写のシーン満載で児童ポルノモドキになり大変なことになる。小学生よりも高いレベルの漫画を映画化すること自体にも大きな無理がある。来年は小学生の性が崩壊させられる危機にある。2、3年前にアクションていう雑誌に載ってた漫画だよね? 読者の親から苦情が来て中止になったんだよね? 何でこんなのをいまさら映画? 途中と最後の方だけ見たうる覚え。 最後、子供産んだけど彼氏は両親に連れて行かれるが戻ってハッピーエンド。 主人公の女はモデル。 父親はたしかリーマンだった? 息子は小学校六年生に成長していた。 自分勝手な中絶、小学生同士のセックス、妊娠、人形を使った過激な性教育、ジェンダーフリー、DQNばかり。苦情が来る。大人の男と未成年の女の子ていう組み合わせだとロリコンが食いつく恐れもある危険性もある。絶対に起こらない世界的なレアケースにもならないケースの映画化は教育上よくないな。何度でも繰り返すが、性教育にも間違った知識が入りこむのである。設定自体が無理があるこの映画は何考えてこんな教育上よくない不適切な小学生出産ドラマという世界的にも制作ケースもない映画制作に1億円もの費用を使い熱を入れているのだ「コドモのコドモ」が「14才の母」と同じような結果を招き小学生の性が暴走して性の対象が中学生から小学生に降りるとどうなるのだ。これは許せない映画だ。文部科学省も教育再生会議も今後は小学生や中学生の妊娠や出産映画を描かないよう制作会社に呼びかけてほしいものだ。結局「14才の母」は中学生の出産美化ドラマになってしまい「命の尊さ」どころか虐めや自殺もこの時期に激増して「14才の母」放送後の中学生の性の暴走はどどまるを知らない14才以下の出産も2006年の42件から2007年は43件に増えた。ただ幸にも出産した少女は全員が中学生だったことだ。小学生の出産は0件だった。「コドモのコドモ」は原作漫画が自体が駄作であり現実性もなく小学生の出産美化どころか小学生の出産推奨ドラマになっている。今後何かの拍子に小学生の出産が一件でも報告されると大変な事態になる。

『赤い糸』問題(1)過日、日テレ系で問題となった『14才の母』(主演:志田未来)以上の超問題作・『赤い糸』(主演:南沢奈央)がこの冬からフジのドラマ・松竹の映画のメディア・ミックス形式で公開されと発表され、問題視されている。ケータイ小説の原作では、主人公は中学生で、様々な男性遍歴を重ねていき、その間、主人公やその周辺では、強姦、妊娠、喫煙、麻薬(ドラッグ)などの性非行・非行を重ねていくが、その生々しく、過激な性的表現と、現実にはあり得ない展開・進行が話題となった作品であるが、これがそのまま映像化できるのか?映画もそうだが、特に大手キー局が、テレビという公共の電波でこういう非行を垂れ流していいのだろうか?この他、ケータイ小説の中には、「コドモノコドモ」など、やはり、幼児・児童・生徒という低年齢層まで性的な対象としたもの(セックス、強姦、出産等)があり、これらのケータイ小説中の描かれる過激な性的描写のさることながら、実話であるとしたら由々しき事態である。これら「ケータイ小説」のヒット→映画化にともなって、主人公の低年齢化と過激な描写の頻出が気になる。去年流行の『恋空』の主人公は高校生だったが、今回制作中の『赤い糸』では、主人公は中学生と低年齢化しており、かつ、なかばアウトロー的な非行・性非行のオン・パレードである。仮にこれらケータイ小説の末路で児童・幼児への性行為・性描写へのエスカレートしていく可能性は十二分にある。『赤い糸』については、一部、制作者サイドの見解では「(映像中、あるいはシナリオ段階では)きわどいシーンは控えた」ともとれる発言が仄聞されるが、それがどの程度のものなのか、あるいは、逆に『赤い糸』の原作を相当改変した-すでに『赤い糸』ではなくなっていないのでは?という疑問も残る。しかし、現時点で、公式HPからたどれるオリジナルのケータイ小説の文言や刊行されている同シリーズを読む限り、どこがそのように「無毒化」されているのか、全くつまびらかではない。『赤い糸』問題(2)また、上記の個別の問題以外に、そもそも、アクセス数を根拠に、過大な視聴可能性人数を弾き出した代理店、それを鵜呑みにし、かくも無内容・有害な作品を「純愛」という虚偽の包装紙に来るんで製作する、フジテレビ・松竹-また、この番組・企画に関係・出資するスポンサーは、ここまで問題性が明らかになっている稚拙な作品をあえて映像化して世に問う「意義・意図」を明らかにするべきである。

http://

 

レンタル掲示板
/11